macOS Monterey 12.0.1のメモリリークとその回避方法

macOS Monterey 12.0.1のメモリリークとその回避方法

macOS Monterey 12.0.1のメモリリークについては、聞いた事があるのではないでしょうか?

Mozillaのエンジニアの努力のおかげで、その原因が特定されました

この現象がどのようにして起こるのか、また、お使い使用中のMacでこの現象が起こらないようにするにはどうすればよいのか

macOS 12.0.1がリリースされて間もなく、Firefoxをはじめとする一部のアプリケーションで、大規模かつ段階的なメモリリークが発生し、アプリのメモリが70GB以上になり、Macのメモリが不足するという報告がありました

当初、この現象は、Firefox、Microsoft Word、さらにはSafariなど、特定のアプリに限られていたように思われました、最も驚いたのは、一部のユーザーには深刻な影響があったものの、ほとんどのユーザーにはまったく影響がなく、同じアプリを何日も使っていてもメモリ使用量に大きな変化がないことでした、また、カーネルやマッハゾーンのメモリリークも見られませんでした

原因は、「アクセシビリティ」という1つの環境設定に集約されています

スポンサーリンク


このリークが発生していると思われるすべてのMacは、「アクセシビリティ」の「ディスプレイ」項目で「ポインタ」タブにあるカスタムポインタコントロールを使用しており、具体的には、通常よりも大きなサイズのポインタと、アウトラインと塗りつぶしの色を使用しています

後者の2つはMontereyの新機能の1つで、ユーザーに人気があることが証明されています(このインタフェースデバイスは、カーソルではなくポインタと呼ばれています)

リークは、ポインタのタイプが変更されたときに発生するようです、たとえば、テキストを挿入するために、標準の矢印からI字型の梁に変更された場合です

最も可能性が高いのは、そのペインの設定を使用してポインタをカスタマイズした場合、ポインタのタイプを変更しても、前のポインタが使用していたメモリが解放されないことです

そのため、ブラウザなど、ポインタの種類を頻繁に変更するアプリケーションは、ポインタの種類をあまり変更しないアプリケーションよりも、メモリのリークが速くなります

しかし、Montereyでこのバグが修正されるまで、ポインタが型を変更できるインターフェイスを持つすべてのアプリがリークします

スポンサーリンク

メモリリークの回避方法

この問題を回避するには、
Monterey s memory leak

  1. 「システム環境設定」>「アクセシビリティ」パネルを開き、左側の「ディスプレイ」項目を選択し、「ポインタ」タブを選択します
  2. カラーのカスタマイズを元に戻すには、「ポインタのサイズ」を「標準」に設定し、「リセット」ボタンをクリックします
  3. それが終わったら、開いているアプリをすべて終了し、少なくともユーザーとしてログアウトします、または、Macを再起動します

(Via The Eclectic Light Company.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)