Apple、外付けグラフィックスプロセッサ(eGPU)サポートの詳細をナビゲートするサポート文書を公開

Apple、外付けグラフィックスプロセッサ(eGPU)サポートの詳細をナビゲートするサポート文書を公開

外付けグラフィックスプロセッサ

Appleが本日リリースしたmacOS High Sierra 10.13.4を実行しているThunderbolt 3を装備したMacは、外付けグラフィックスプロセッサ(eGPU)に接続することで、追加のグラフィックスパフォーマンスにアクセスすることが出来ます

eGPUを使用すると、プロフェッショナルアプリケーション、3Dゲーム、VRコンテンツの作成などのために、Macに追加のグラフィックスパフォーマンスを与えることができます

macOS 10.13.4でeGPUをサポートすることで、次のことが可能になります

  • Metal、OpenGL、およびOpenCLを使用するアプリケーションの高速化
  • 追加の外部モニタとディスプレイを接続する
  • eGPUに接続されたバーチャルリアリティヘッドセットを使用する
  • eGPUを使用しながらMacBook Proを充電する
  • 内蔵ディスプレイが閉じられているときにMacBook ProでeGPUを使用する
  • ユーザーがログインしている間にeGPUを接続する
  • Macの複数のThunderbolt 3(USB-C)ポートを使用して複数のeGPUを接続する
  • eGPUを安全に取り外すには、メニューバーの項目を使用してください
  • 組み込みGPUと外部GPUのアクティビティレベルを表示します。アクティビティモニタを開き、「ウィンドウ」 – 「GPU履歴」を選択します

スポンサーリンク

サポートされているeGPU

  • AMD Radeon RX 570、RX 580、およびRadeon Pro WX 7100グラフィックスカード
  • AMD Radeon RX Vega 56
  • AMD Radeon RX Vega 64、Vega Frontier Edition Air、Radeon Pro WX 9100

サポート文書「Use an external graphics processor with your Mac」には、上記の「サポートされているeGPUの設定」「アプリケーションでのeGPUサポート」に関しての詳細が記載されています

(Via Apple.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)