AppleのHomePod、本日のファームウェア・アップデートで音質が変わる

AppleのHomePod、本日のファームウェア・アップデートで音質が変わる

何人かのHomePodの所有者は、新しいソフトウェアがスピーカーの音質を調整したと言い、Appleの最初のファームウェアアップデートに対する不満を訴えています

Redditのようなソーシャルメディアサービスとオンラインフォーラムに散在するレポートは、本日のHomePodアップデートが、スピーカーのオンボードDSPまたは事前設定されたイコライゼーションアルゴリズムを変更することを示唆しています

ディトラクターの一般的な合意は、ファームウェアがより顕著なミッドレンジを提供しながら、低音の影響とラウドネスを著しく低下させることです
これらの同じ人たちは、ベースポストのトラックには、HomePodオリジナルのソフトウェアで与えられたパンチが欠けていると主張し、ぼんやりした印象のスピーカーになったと

Appleのリリースノートには、11.3アップデートには「安定性と品質の一般的な改善が含まれている」としか言われていない

圧倒的ではありませんが、HomePodのクリーンでパワフルな低音を生成する能力は、AppleInsiderを含む多くの査読者にとって傑出した特徴でした

スポンサーリンク


劇的なEQオーバーホールは、特にAppleが手動調整を許可していないことを考慮して、スピーカーの最初の印象に基づいてHomePodを購入したユーザーにとって大きな懸念事項となります
Apple自身もSiriの統合よりもHomePodのメリットを高く評価しています.Siriの統合は、競合するハードウェアの機能に比べて不十分だと多くの人が見ています

しかし、HomePodのソフトウェアアップデートを嫌うすべての不満を抱いたユーザーのために、新しいバージョンのベースの忠実度とラウドネスを賞賛している別の意見があるようだ。さらに、2つのファームウェアリリースの間に明らかな違いはないと言えます

矛盾した見解と具体的な証拠がないため、想定される問題は過度に重いと思われます、多くのオーディオハードウェアの特性と同様に、良いと悪いの間の線は、知覚とユーザーの好みに至ります

ルームセンシング、ダイナミック・アコースティック・チューニング、ビームフォーミングなどの高度なテクノロジーを追加すると、状況はさらに暗くなります

つまり、Apple社の更新プログラムでは、ホーム画面の左上隅にあるGPSアイコンスタイルのボタンをタップし、スピーカー>ソフトウェアアップデートにスクロールして自動的にアップデートをインストールするように設定して、ホームアプリの自動ダウンロードを無効にする必要があります

アップデートをインストールし、想定されていた変更に満足していないユーザーのために、iOSとmacOSのイコライザを使ってHomePodをチューニングすれば良いかもしれません

(Via appleinsider.)

イコライザを使ってHomePodをチューニング

  1. iTunesを開き、ボリュームスライダの右側にあるAirPlayアイコンをクリックしてHomePodに接続します、HomePodを選択し音楽再生を開始します
  2. メニューバーの「ウィンドウ」>「イコライザ」に移動し、プリセットを選択するか、周波数スライダをドラッグして個々の周波数の音量を増減させます
    プリアンプスライダは、すべての周波数の全体的な音量の調整を制御しますが、これらの変更は忠実度を犠牲にして行われます
  3. ユーザーはイコライザーウィンドウからカスタマイズしたプリセットを保存することもできます

HomePod equalizers 005
HomePod equalizers 004
iTunesは、イコライザに加えて、ベースとトレブルのレスポンスを変更することにより、仮想ステレオエフェクトの「幅広さ」を拡張できるSound Enhancerを提供しています
この機能を有効にするには、「iTunes」>「環境設定」>「再生」に移動し、「サウンドエンハンサー」をオンに切り替えます

この効果は、単一のホームポッドではすぐにはわかりませんが、Appleが将来のソフトウェアアップデートでホームポッドの同期が利用できるようになると、サウンドエンハンサーが便利になる可能性があります
HomePod equalizers 006HomePod equalizers 007

iOS デバイスからのサウンド出力の調整は、ソフトウェアイコライザを備えた Apple Music または類似のコンテンツ再生アプリを通じて実現できます
HomePodには内蔵のApple Musicアクセシビリティ機能が搭載されていますが、AirPlay経由でiPhoneまたはiPad上のApple Musicから音楽を再生すると、ユーザーはオーディオ設定にアクセスできます

  1. Apple Musicで、Now Playingペインの下部にあるAirPlayアイコンをタップし、HomePodを選択します
  2. 音楽を閉じて設定アプリを開き、「ミュージック」>「EQ」に移動し、アップルのプリセットリストから選択します

HomePodは学習する

音質の変化ですが、最初に比べると確かに低音の圧倒的な部分が消えてしまいました

しかしながら、時間と共に低音の強さが徐々に戻ってきている印象が在ります、HomePodは部屋の状況を学習すると言われています

アップデートした直後に比較すると、HomePodでミュージックを流していると徐々にではありますが、低音が少し戻っているようです


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)