Macを「macOS High Sierra」にアップデートする前に準備しておく6つの事

Macを「macOS High Sierra」にアップデートする前に準備しておく6つの事

「macOS High Sierra」は、日本時間9月26日 A.M 2:00頃にリリースされる予定です、アップデートを準備して、できるだけスムーズに移行したいものです

1. MacがmacOS High Sierraと互換性があることを確認する

macOS High Sierraは、次のラップトップおよびデスクトップコンピュータと互換性があります

  • iMac (Late 2009 & later)
  • MacBook Air (2010 or newer)
  • MacBook (Late 2009 or newer)
  • Mac mini (2010 or newer)
  • MacBook Pro (2010 or newer)
  • Mac Pro (2010 or newer)

「macOS Sierra」が動作していれば問題要りません

2. アプリのアップデートを確認する

アプリを最新にアップデートしておきます

Appleは同社のプロ向けアプリケーションの互換情報を公開しています、「macOS High Sierra 10.13」に対応は

  • Final Cut Pro X 10.3.4 以降
  • Motion 5.3.2 以降
  • Compressor 4.3.2 以降
  • Logic Pro X 10.3.1 以降
  • MainStage 3.3 以降

3. Macをクリーンアップする

macOS High Sierraは多くのスペースを占有しませんが、最大限の効率でアップデートをダウンロードしてインストールするには、数GBの空き容量があることを確認する必要があります(「macOS High Sierra」のアップデータは約4.9GB)

Macに重複した写真やファイル、不必要なファイルやアプリケーションをクリーンアップ

この際ですから、デスクトップなどに在るファイルなどを整理し、ゴミ箱を空にしておきます


スポンサーリンク



4. バックアップをとります

重要なアップデートをダウンロードする前に、常にデータをバックアップする必要があります
ベストは、複数のバックアップ方法でとっておくのがベストです、データが失われては元も子もないですから

  • Time Machineでバックアップ
  • Carbon Copy Clonerなどのバックアップ用アプリケーションを使用

5. macOS High Sierraのベータ版を使用している場合

Appleは、『Fusion Drive 搭載 Mac に macOS High Sierra をインストールする準備をする』で

macOS High Sierra のベータ版では、システムのディスクフォーマットが変更され、新しい Apple File System を使用するように変換されました。macOS High Sierra の初期リリースでは、オールフラッシュストレージ内蔵の Mac システムで新しい Apple File System がデフォルトの起動ファイルシステムとしてサポートされます。macOS High Sierra のベータ版をインストールした場合は、Mac の Fusion Drive が Apple File System に変換されている可能性があります。この構成は macOS High Sierra の初期リリースではサポートされないため、以下の手順に従って以前のディスクフォーマットに戻すことをお勧めします

こちらのサイトの手順に従って、ディスクフォーマットを戻しておく必要が在ります

6. macOS High Sierraをクリーンインストールするか、現在の設定を引き継ぐかを決めます

メジャーアップデートの場合は、ハードドライブを消去し、一からインストールする方も多く居られるのではないでしょうか?

クリーンインストールする場合

  • 不必要なアプリやファイルなどを綺麗に整理できる
  • メールの設定や、iCloudにサインアップが必要ですのでパスワードを確認しておく必要が在ります
  • 全てを最初からインストールするので時間がかかります
  • 全これまでの設定などは全てデフォルトの設定になります

現在の設定を引き継ぐ場合

  • アプリ、設定、ファイル、およびドキュメントは、以前と全く同じ場所に保存されます
  • 短時間で「macOS High Sierra」に移行できます
  • 現状不具合が在る場合はそれを引き継ぐ可能性が在ります


アップデートする時は、どの方法にしても時間的余裕がある時にすることが大切です

特に仕事で使用しているMacでは、サードパーティ製のアプリケーションの対応をしっかりと確認する必要が在ります


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)