Apple、macOS Big Sur用のWindows 移行アシスタントをアップデート

Apple、macOS Big Sur用のWindows 移行アシスタントをアップデート

AppleはWindows移行アシスタントのアップデートをリリースし、ユーザーがWindows PCからmacOS Big Surを実行しているMacへの移行を支援するツールを利用できるようにしました

リリースされた新しいアップデートは、macOS Big Sur、AppleのMacオペレーティングシステムの最新バージョンをサポートしています

Windows 移行アシスタントは、WindowsベースのシステムからmacOSへのソフトウェア移行を支援するアップル社のソフトウェアで、連絡先、カレンダー、メールアカウント、音楽、写真、動画などのファイルをPCからMacに転送することが含まれています

PCにインストールすると、ツールは自動的に実行され、新しいMacのセットアップアシスタントや、Macのユーティリティフォルダ内の移行アシスタントと組み合わせて使用することができます

転送が決まったら、ユーザーは管理者名とパスワードを入力し、利用可能なリストから自分のPCを選択し、WindowsとMacの両方のディスプレイでパスコードを確認し、転送するファイルとデータを選択してから、移行自体を開始する必要があります

スポンサーリンク


Appleは実際にWindows 移行アシスタントの4つのバージョンをダウンロードできるようにしており、最新バージョンはmacOS Big Surをカバーしているだけです

以前のバージョンはmacOS MojaveとmacOS Catalina、それ以前のバージョンはmacOS SierraとHigh Sierra、そして4つ目のバージョンはOS X El Capitanとそれ以前のリリースに対応しています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)