macOS Big Surアップデートで一部の古いMacBook Proモデルをブリック化

macOS Big Surアップデートで一部の古いMacBook Proモデルをブリック化

2013年後半から2014年半ばの13インチMacBook Proのオーナーの多くが、macOS Big Surアップデートによってマシンがブリック化していると報告しています

MacRumorsのフォーラムスレッドには、この問題を報告しているユーザーがかなりの数に上っており、RedditAppleサポートコミュニティでも同様の問題が報告され、この問題が広まっていることを示唆しています

ユーザーからは、macOS Big Surへのアップデート中に、マシンが黒い画面を表示して動かなくなるという報告が寄せられています

NVRAM、SMC、セーフモード、インターネットリカバリーなどのキーリセットの組み合わせは、アップデートをインストールしようとしても、静的な黒い画面を回避する方法がないため、すべてアクセスできないと報告されています

スポンサーリンク


問題が発生しているユーザーの圧倒的な数は、2013年後半と2014年半ばの13インチMacBook Proの所有者のようですが、これらのモデルのユーザーがどれくらい影響を受けているのかは正確には明らかになっていません

また、これらのモデルがmacOS Big Surでサポートされている最も古いモデルであることも注目すべき点です

Redditに投稿したコメンテーターは、AppleサポートからMacBook Proを修理に予約するように言われたと述べています

また、Appleサポートのスレッドの別のコメンテーターは、この問題はAppleのエンジニアリングチームに報告されているので、Appleは今、問題を認識しているはずだと述べています

何が問題を引き起こしているのかが明らかになり、Appleが修正プログラムをリリースするまでは、2013年後半から2014年半ばの13インチMacBook ProはmacOS Big Surのインストールを控えた方がいいかもしれません

(Via MacRumors.)











COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By Bootsy

     私はiMac2019、MacBook2015にBig Sur 入れましたが、チョーもっさりで全く使い物になりません。徹夜で諸々やり直し中です。OS X以前、コンフリクトの原因潰しで機能拡張フォルダから怪しいファイルを出したり入れたり徹夜したことを久しぶりに思い出しました。

    • By 酔いどれ

      Bootsy さん、はじめまして
      私は15インチMacBook Pro 2018とiMac 5K 2017の両方共にmacOS 11.0 Big Surにアップデートしました
      今のところスピード的は問題なしですが、iMacに接続したモニタがスリープから復帰した時に、アプリのウィンドウが表示されないと言う問題が起きています
      短時間だと問題ないのですが、時間が長いとこの状態になります
      アップデート直後のスピードは、バックでスポットライトの作り直し等々おこなわれるので、遅くなる場合もあります
      アクティビティモニタを起動して、確認されてみてはいかがでしょう?

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)