最新のmacOS Montereyベータによると、AppleはMacBookのパフォーマンスを向上させるために 「ハイパワー」 モードに取り組んでいる

最新のmacOS Montereyベータによると、AppleはMacBookのパフォーマンスを向上させるために 「ハイパワー」 モードに取り組んでいる

2020年1月、9to5Macは、MacBookユーザーがいくつかの省エネ制限を無視して最大のパフォーマンスを得ることができる新しい 「Proモード」 に取り組んでいると報告しました

macOS Montereyベータの最新バージョンは、Appleが今でも 「ハイパワーモード」 と呼ばれる同様の機能に取り組んでいることを示唆しています

この機能はこれまでユーザーには提供されておらず、macOS Montereyのベータ版からすべてのリファレンスが削除されていました

9to5Macは、本日開発者向けにリリースされたmacOS Monterey beta 8に新たに追加された 「ハイパワーモード」 への言及を発見した

「低電力モード」 はすでに存在しており、バッテリー寿命を節約するためにMacラップトップのパフォーマンスを低下させますが、 「高電力モード」 は、Macが電源に接続されていないときでも、ユーザがフルパフォーマンスでアプリケーションを実行できるようにすることで、その逆を行うことが期待されています

スポンサーリンク


また、Apple Silicon Macではあまり見られませんが、熱によるスロットリングの問題を防ぐためにファンをオンにすることもできます

残念ながら、この機能はまだユーザーには提供されておらず、Appleがハイパワーモードをすべての人に導入する予定なのか、それとも特定のMacモデルのみに導入する予定なのかは不明です

噂によると、Appleは今年後半に、より優れたグラフィックスを持つM1Xチップを搭載した新しいMacBook Proモデルを発表すると言われており、ハイパワーモードが新しいMac専用になる可能性も想像に難くありません

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)