macOSに対するマルウェアの脅威は2020年に1000%を超え急増

macOSに対するマルウェアの脅威は2020年に1000%を超え急増

人気のVPNサービスであるAtlas VPNがmacOSのマルウェアの状況について調査を行ったところ、Mac用のマルウェアの開発が2020年に1000%以上も急増したことがわかりました

Atlas VPNの調査によると、macOS用マルウェアの開発は、2020年に1,092%急増しました、正確に言うと、2019年には56,556個のサンプルしか検出されなかったのに、2020年には674,273個の新しいマルウェアサンプルが検出されたのです

マルウェア(悪意のあるソフトウェア)とは、あらゆる種類の脅威の総称です、Microsoftは、マルウェアをバックドア、ダウンローダー、ドロッパー、エクスプロイト、ハックツール、マクロウイルス、難読化ツール、パスワードスティーラー、ランサムウェア、不正なセキュリティソフトウェア、トロイの木馬、トロイの木馬、ワームの13のカテゴリに分類しています

スポンサーリンク


同報告書によると、674,273件のマルウェアのサンプルが2020年に過去最高を記録したことは憂慮すべきことです、2012年から2019年の間に開発されたサンプルは、全体でわずか219,257件でした

興味深いことに、2012年に測定を開始して以来の新しいマルウェアをすべて合計すると、219,257件のサンプルが得られますが、これは依然として昨年の数字を大きく下回っています

2012年から2019年までの間に、新しいマルウェアの開発は年間最大92,570サンプルに達しました、2020年には、サイバー犯罪者はAppleのデスクトップOSに注意を向けるようになり、毎日平均1,847件の脅威を作り出しました

Macを狙った攻撃は懸念されていますが、Mac向けのマルウェア開発は、Windows向けに開発されたものと比べるとまだ見劣りし、データによると、Windows用に開発された脅威はmacOS用の脅威の135倍以上ありました

(Via iMore.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)