5月の時点でわかっている、iMac 2020の最新の噂のすべて

5月の時点でわかっている、iMac 2020の最新の噂のすべて

iPad ProからオーバーホールされたMacBook Pro 14まで、多くのApple製品が2020年にアップデートされると噂されたり、確認されたりしている中、今、注目が集まっているのはiMacです

オールインワンのiMacは2019年春に最後のアップデートが行われましたが、2020年のどこかのタイミングで見直されるのではないかという噂が出ています

単に微調整されるだけなのか、それとも完全に生まれ変わるのか。どのような性能が期待できるのでしょうか?

iMac 2020のリリース日

新しいiMacがいつ登場するのかという詳細は非常に不透明です、しかし、大きく分けて2つの説があります

発売が迫っているという説と、2020年後半か2021年初頭に発売される可能性があるという説です

信頼できる業界アナリストのJon Prosser氏は、間違いなく前者の考えの一派に属しています、5月6日、彼はAppleがiMacの新モデルを 「出荷準備ができている」とツイートし、「いつでも発表になる可能性がある」と付け加えました

他の情報源は、リリース日が早くないかもしれないと示唆しています、2020年4月中旬にBloombergのMark Gurman氏が報じたところによると、Appleは新しいiMacを「取り組んでいる」と言いました、これ以上の詳細は明らかにされておらず、リリース日も報じられておらず、次期iMacがまだ先のことを示唆しているのかもしれません

AppleのこれまでのiMacのリリースには、あまりパターンがありません

最後に更新されたのは2019年3月で、ここ数年は2017年6月、2015年10月、2015年5月、2014年10月、2014年6月に新しいiMacを発表してきました

つまり、アップデートはほぼ2年ごとに行われており、各アップデート年の間に様々なモデルが更新されていることになります

前回のアップデートが2019年3月に行われたことを考えると、2020年以降、あるいは2021年初頭に発表される可能性が高いと思われます

しかし、China Timesが主張するように、Appleは2020年の後半に低価格の23インチiMacをリリースする可能性も有り、AppleがスペックをアップしたiMacをすぐにリリースし、その後、改良を加えた23インチのバージョンを年の後半にリリースするということもあり得るのです

スポンサーリンク

iMac 2020の価格

現在のiMacモデルには、4K Retinaディスプレイを搭載した21.5インチiMacは1,299ドル(¥120,800)からと、5K解像度の27インチiMacは1,799ドル(¥198,800)からの2つのサイズがあります

Appleがより多くの関心を喚起するために、価格を少し下げる可能性もあります

iMacはMacシリーズのメインセラーではありませんが、Appleは最近MacBook Airの価格を引き下げましたが、Appleは必要だと感じたときには価格を下げることに躊躇しないことを示唆しています
IMac 2020 Forecast 00005 z

ベゼルを細くした23インチのデザイン

現行のiMacのデザインは2012年から採用されています(少し厚みのあるモデルを含めると2007年です)

2019年のiMacを見ると、かなり古いバージョンと間違えるかもしれません、特に広いベゼルは、2020年のものとはかけ離れているように見えます

AppleがMacBook Pro 16でベゼルをスリム化しました、MacBook Pro 16は旧型のMacBook Pro 15とほぼ同じフットプリントを占めているにもかかわらず、それらのスリムなエッジのおかげでより大きな画面を搭載しています

iMacも同じような扱いを受ける可能性があります

Appleがメインの筐体をそのままにしたとしても、ベゼルを細くするのはそれほどの努力を必要としないと思えます

21.5インチと27インチのモデルは、例えば、本体を変えることなく、23インチと29インチのモデルにアップグレードすることができます

最近のChina Timesのレポートでは、Appleは23インチのiMacを発売すると主張しているように、再設計された可能性があります
IMac 2020 Forecast 00001 z

スポンサーリンク

Mini LEDディスプレイとFace ID

ディスプレイは常にAppleの強みのひとつであり、それはiMacでも変わりません、現行のiMacはすべて4K、あるいは5Kのパネルを搭載しており、優れた色精度とピンシャープな解像度を誇ります

Appleは次のiMacでも、これらの解像度のオプションを維持すると予想されます

顕著な改善の1つは、Mini LEDディスプレイの形でもたらされる可能性があります、これは1万個以上のLEDを搭載し、HDR性能、コントラスト、色再現性に優れたディスプレイを実現することができます

しかし、この技術にはかなりの費用がかかると予想されており、iMacでは手の届かない可能性がありますが、iMac Proに搭載される可能性もあります

もうひとつ期待したいのは、画面そのものではなく、そこに組み込まれている技術です、それはFace IDです

MacBookのさまざまなモデルには、高速ログインや購入時の認証のためのTouch IDが搭載されていますが、iMacには安全な認証の形がまったくありません

Appleはもともと2019年9月に提出した特許で、iMacを含む様々なMacモデルのディスプレイに組み込まれた「生体認証モジュール」を詳述しています

これにより、机に座って画面を見るだけでiMacにサインインできるようになり、パスワードを入力したり、Touch IDを使用するよりもはるかにシームレスな体験を提供することができるようになります

IMac 2020 Forecast 00002 z

Appleが6月22日にワールドワイド・デベロッパーズ・カンファレンス(WWDC)を開始すると発表したとき、イベントのポスターには、Macを使った3Dメモ文字が描かれていました

メモ文字はiPhoneのカメラモジュールに詰め込まれた高度な技術があってこそ可能になるもので、Face IDはそのモジュールを利用しています

これは、Face IDがMacにも登場し、WWDCで発表されることを示唆しているのでしょうか?

IntelまたはAMD?

性能面では、Appleの現行iMacは、21.5インチのiMacに搭載されているIntelのデュアルコア第7世代チップから、5Kモデルに搭載されている第9世代チップまでのラインナップとなっています、その中には、コンテンツ作成や動画編集に強力な8コアのCore i9-9900Kも含まれています

現時点では、Appleが使用できるIntel製デスクトップチップの中では最速となっています。第10世代のComet Lakeデスクトッププロセッサは2020年に発売されると予想されていますが、これらはまだ古い14nmプロセスを使用しています

Appleは、これらのComet Lakeデスクトップチップが到着するまで、アップデートのリリースを待つことになりそうです

Intelがデスクトップに10nmプロセスを導入するのが遅れているため、これはAppleが利用可能な選択肢の1つに移行するチャンスとなる可能性があります

AppleがAMDプロセッサに移行するといういくつかの証拠があります。新しいRyzen 4000シリーズのチップのコード名である「Renoir」を含む、様々なAMDプロセッサへの言及を含むMacOSのコードが見つかっています

Appleは単にこれらのプロセッサをテストしているだけかもしれませんし、iMacのようなデバイスには搭載しないかもしれませんが、このような切り替えがパフォーマンスの面で素晴らしい理由はたくさんあります

同じくMacOSのリークでは、AMDのNavi 21を含む、興味をそそられるグラフィックスチップについても言及しています、Navi 21は、AMDの5700 XTグラフィックスカードの2倍の速度を持つ大型で強力なコンポーネントだと言われていますが、そのため、Appleは通常のiMacではなく、iMac Proのためにこれを予約するかもしれません

もう一つの可能性があります

Apple製のARMプロセッサです、AppleがWorldwide Developers Conference 2020でこれらのチップに移行することを発表するのではないかとの噂が渦巻いています

しかし、これはまずMacBook Airに搭載され、その後にiMacにも搭載されると考えられ、そのため、次期iMacにARMプロセッサが搭載される可能性は低いでしょう

スポンサーリンク

iMac Pro

Appleが通常のiMacのスープアップ版としているiMac Proは、2017年に登場して以来、一度もアップデートされていません

コンピューティングの世界では物事の移り変わりが早く、発売時には非常に印象的だったこのハイエンドデバイスも、最近では少し時代遅れになっています、しかしKuo氏は、Appleが2020年第4四半期にアップデートすると考えています

IMac 2020 Forecast 00003 z

スペックをアップグレードして競争力を高めることは絶対に必要で、新しいプロセッサ、より優れたグラフィックスカード、より高速なメモリがリストのトップに挙げられており、コンピュータのパフォーマンスをタイムリーにもたらすはずです

また、Appleがデバイスのディスプレイに力を入れているのを見ることを期待しています

6Kの解像度と驚くほどの色再現性を持つMac ProのPro Display XDRに似たものをiMac Proに搭載すれば、Mac Proのパフォーマンスが好きだけどオールインワンのコンピュータがいいというプロの人にとっては、とても魅力的な選択肢になるでしょう

Mini LED技術という形でディスプレイがアップグレードされる可能性もあります、アナリストMing-Chi Kuo氏によると、Appleはこの技術をMacBook ProとiPad Proを皮切りに、2020年後半か2021年半ばに多くのデバイスに搭載する予定だといいます

しかしChina Timesは、AppleのミニLED生産は延期され、量産は2021年まで始まらないだろうと考えられています

(Via Digital Trends.)











COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By Pacheco

    いつもよませてもらっています。今回の記事中「現行のiMacはすべて4K、あるいは5Kのパネルを搭載しており」とありますが、その前に出てくる「21.5インチiMacは1,299ドル(¥120,800)」は従来のHDのレベルです。iMacは、これをエントリーモデルとして、4k,5kですね。
    ARM系のAシリーズに向かっている話はよく出ますが、AMDは知りませんでした。Intelのロードマップに欲求不満がたまってるのでしょうか。PowerPCの最後もそうでしたから。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)