MacとiPhone,iPadなどのiOSデバイスの連携(その1:AirDrop)

MacとiPhone,iPadなどのiOSデバイスの連携(その1:AirDrop)

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

MacとiOSデバイス



Macが「OS X El Capitan」になり iOSが「iOS 9」になって、以前からあった「テザリング」以外に MacとiOSデバイスの連携がより一層進んで便利になりました

「AirDrop」「Instant Hotspot」「Handoff」「SMS」「電話」と・・・

会社勤めをしている時は Macが側に在る時は朝出勤前と帰宅してからの時間や休日でしたが、自宅に居ることが多い現在は、常に側にMacがあるのでこれらの恩恵を余計に感じています

自宅ではiPhoneを居間に置きっ放しで自分の部屋のMacの前だとか、そんなことはしょっちゅうです
側にiPhoneがなくて困る場面はほんと少なくなりました



スポンサーリンク



AirDrop

AirDrop 005



以前はMac同士、iOSデバイス同士に限られていましたが、これが「OS X El Capitan」と「iOS 9」の最新のOSを使用することで、ファイルの共有がめちゃくちゃ楽になりました、P2PですべてがWi-Fiに繋がっていなくてもBluetoothを利用しても自動で判断してくれます

Mac,iPhone,iPad全く関係なくファイルの共有ができるのですから、こんならくちんなことはありません

AirDrop 006

Macを設定する


  • 「システム環境設定」>「Bluetooth」をクリックします
  • AirDrop 009

  • 「Bluetooth」を入にします
  • AirDrop 010

  • 共有する範囲を設定します
  • AirDrop 008a


iOSデバイスの場合


  • 「設定」>「Bluetooth」をタップします
  • AirDrop 011

  • 「Bluetooth」を「オン」にします
  • AirDrop 012

  • したからスワイプして「コントロールセンター」を表示し「AirDrop」をタップします
  • AirDrop 019a

  • 共有する範囲を設定します
  • AirDrop 020a












スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)