新しい14インチと16インチのMacBook Proが今年中に生産に入り、5 nmチップを搭載する可能性

新しい14インチと16インチのMacBook Proが今年中に生産に入り、5 nmチップを搭載する可能性

MacBook Proの次世代14インチと16インチモデルは、2022年第四四半期に量産が開始されると、Appleのアナリスト、Ming-Chi Kuo氏は予測しています

Kuo氏はツイートで、TSMCのガイダンスで3nmチップの製造が2023年まで開始されないことが示されていることを考慮すると、MacBook Proの新しい14インチと16インチモデルには、TSMCの最新の5 nmプロセスに基づくチップがまだ搭載される可能性があると述べています


スポンサーリンク


Kuo氏の情報は、M2 ProチップがApple初の3nmチップになる可能性があるとするTaiwan’s Commercial Timesの報道と矛盾するようです

今の状況は少々ややこしいが、TSMCがApple用の3nmチップの生産を近い将来開始する計画であることは報道で明らかです

BloombergのMark Gurman氏によると、AppleはM2ベースのMacBook Pro、Mac mini、Mac Proモデルを開発中だとのことです

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)