Apple、2023年に15インチMacBook Air、13インチ大型モデル、新型iPadを計画中

Apple、2023年に15インチMacBook Air、13インチ大型モデル、新型iPadを計画中

Appleは、2023年に新しい15インチMacBook Airと、13インチモデルの大型化、および10インチiPadの大型新モデルの発売を計画している可能性があることが、新しいレポートにより明らかになりました

このニュースは、Ross Young氏とDSCCの「Quarterly Advanced IT Display Shipment and Technology」レポートを通じて明らかになりました

DSCCのロードマップによると、Appleは15インチのMacBook Proを来年発売する予定で、AppleがMacBook Airの大型化を検討しているという噂を耳にするのはこれが初めてではありませんが、MacBookの大型化の可能性について具体的な噂を耳にしたのはこれが初めてです

Appleの社内メールによると、Appleは2007年、当時Steve Jobs氏が指揮を執っていた15インチのMacBook Airを検討し、最終的には11インチと13インチモデルに落ち着いたと言います

最近では、BloombergのMark Gurman氏が2021年1月に、Appleは以前より大型のフォームファクタについては検討していましたが、推進することは決めておらず、可能性を完全に排除してはいなかったと報じています

スポンサーリンク


Young氏とDSCCはまた、Appleが10インチの大型モデルを計画していることも示唆しており、おそらく基本モデルのiPadが再設計され、より大きなディスプレイのためのスペースを確保するであろうiPad AirとM1 iPad Pro(2021)のデザイン変更に沿うようになったことを示唆しています

レポートによるとAppleが13インチのフォームファクター枠のまま、現在のデザインよりも大きなディスプレイを搭載した大型のMacBook Airを計画していることが述べられています

今週初めのMark Gurman氏レポートでは、新しいMacBook Airはまだ数ヶ月先であることが示されていました、それが今年のかなり早い時期にやってくると噂されていました

Ming-Chi Kuo氏はまた、Appleの新しいM2チップの可能性を疑問視し、代わりにM1チップが搭載されることを示唆しています

(Via iMore.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)