M2 MacBook Airは、2022年後半にデビューする可能性が高い

M2 MacBook Airは、2022年後半にデビューする可能性が高い

BloombergのMark Gurman氏によると、Appleは再設計されたMacBook Airの発売を今年後半に延期したようで、新しい14インチと16インチのMacBook Proモデルは2023年まで発売されない可能性が高いとのことです

Gurman氏は最新のPower On ニュースレターで、Appleは当初、まったく新しいデザイン、MagSafe、M2チップなどを搭載した新しいMacBook Airを2021年末または2022年初めに発売する計画でしたが、現在は2022年後半にずれ込んでいるようだと述べています

AppleのアナリストのMing-Chi Kuo氏は、新型MacBook Airの量産は第2四半期後半から第3四半期前半に開始されると予想しており、発売は9月ごろになる可能性があると示唆しています

Gurman氏はまた、Appleがハイエンドの14インチおよび16インチのMacBook Proモデルを年内にアップデートするとは予想していないとし、このアップデートでは、M2 ProとM2 MMaxのチップを搭載したMacBook Proは、来年登場する可能性が高くなると述べました

同市氏によると、今年のMacBook Proの唯一のアップデートは、13インチディスプレイとM2チップを搭載した新しいエントリーレベルのMacBook Proになる可能性が高いとも述べています

スポンサーリンク


2022年末に向けて「M2」チップを搭載した一連の新型Macの発売は、Appleが2020年11月に発表した「M1」搭載のMacBook Air、13インチMacBook Pro 、エントリーレベルのMac miniと同様の形態になる可能性があり、同社のMシリーズチップが2年間のアップグレードサイクルを経ていることを示唆しています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)