実環境でのパフォーマンステストにより、M1 Ultra Mac Studioの驚異的な性能が明らかに

実環境でのパフォーマンステストにより、M1 Ultra Mac Studioの驚異的な性能が明らかに

Appleの新しいMac Studioの新しい実機テストにより、Appleの新しいM1 Ultraシリコンの驚くべきパワーが明らかになり始めています

iJustineのMac Studioのアンボックスとハンズオンビデオの一部として行われたテストでは、M1 UltraがAppleのM1 Maxよりも期待通りの2倍の性能を発揮し、新しいデバイスがMacBook Pro(2021)よりも圧倒的にパワフルで、2019年の旧Intel Mac Proの2万ドル版よりも驚くほど速いことが確認されています

Mondobytes(Armando Ferreira)の協力を得て、2人は4K ProResの映像を満載したAdobe Premiere Proプロジェクトのレンダリングをテストしました

参考までに、11分39秒のショートフィルムは、M1 Max MacBook Proで6分39秒、M1搭載13インチMacBook Proで24分21秒でレンダリングされます

スポンサーリンク


新しいMac Studioは、バックグラウンドで別のバージョンのFCP XやPhotoshop、その他のアプリケーションを起動していたにもかかわらず、わずか3分31秒でレンダリングすることができたのは驚くべきことです

この時間は、Mac Studioの5倍の価格にもかかわらず、レンダリングに10分以上を記録した2019年モデルのMac Proよりもはるかに速いものでした

この実測結果は、M1 Ultraチップの処理能力がM1 Maxに比べて2倍になったこととほぼ一致し、これがこれまで作られた中で最もパワフルなMacであることを裏付けるベンチマークとも一致します

(Via iMore.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)