2022 MacBookProのアップデートは新しいローエンドモデルに焦点を当てる

2022 MacBookProのアップデートは新しいローエンドモデルに焦点を当てる

最新版のPower Onニュースレターで、BloombergのMark Gurmanは、噂のM 2プロセッサを搭載した新しいエントリーレベルのMacBook Proについての情報を提供しています

Appleは10月に史上最強のMacBook Proを発売したばかりですが、2020年11月に発売された現行モデル「M1」に代わるエントリーレベルの「MacBook Pro」を発表する計画です

Gurman氏は、2021 MacBook ProをM1 ProやM1 Max Macと差別化要因として

  • mini-LEDまたは120HzProMotionのないディスプレイ
  • より低いストレージ構成オプション
  • M2チップ

を挙げています、それだけでなく、このMacはTouch Barを終わらせることになります

mini-LEDの代わりに従来のLEDでバックライトを当てた画面に固執することは、コスト削減策になる可能性がありますが、14インチモデルと比較して、コントラスト、色表現、および全体的な明るさを低下させる可能性があります

スポンサーリンク


エントリーレベルのMacBook Proだけでなく、24インチのiMac、エントリーレベルのMac mini、そして今年中に発売予定のこの刷新されたMacBook AirもM2チップでアップデートされる予定です

Appleはすでに256GBから2TBのSSDストレージとRAMが8GBから16GBの13インチMacBookProを販売していますが、2021 MacBook Proの筐体でこれを置き換えるのでしょう

2021 14インチMacBook Proは、512GBから8TBまでのSSDストレージ、RAMは16GBから64GBになります

またほぼ同スペックのアップデートされたMacBook Airを予定していると言うことは、アップデートされる2022 MacBook Proと比較して、もっと低価格になると思われます

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)