3月8日に発表と噂される新型iPhone SE、iPad Airの価格、機能、発売日など

3月8日に発表と噂される新型iPhone SE、iPad Airの価格、機能、発売日など

Bloombergの最新記事によると、Appleは早ければ3月初めに2022年最初のイベントを開催する計画しているとのことです

同記事によると、このイベントで中心となるのは、新型iPhone SE、アップデートされたiPad Air 5と言われています

iPhone SE(2022)

2020年に発売されたiPhone SEは、そのコンパクトなサイズ、Touch ID、驚くほど最新のプロセッサ、そして非常に手頃な価格帯により、Appleが提供する最も優れたiPhoneとしてその存在を際立たせています

Appleは2022年春に、リーズナブルで最高のiPhoneの後継機種を発表する計画だという噂が続いていますが、これまでに分かっていると思われることをまとめています

発売日

最新かつ具体的な情報によると、Appleは3月8日またはそれに近い日にイベントを開催し、新しいiPad Airと一緒に新しいiPhone SEを発表する予定です

発売日も発表の日に非常に近い日となると思われ、発表の日あるいはその週の金曜日オーダーが可能となる可能性があります

スポンサーリンク

デザイン

AppleはiPhone SEのデザインに大きな変更を加えることはないだろうと、これまで明確に噂されてきました

Kuo氏のメモによると、「より強化されたCPUと5Gが追加される以外に、現行の2020年のiPhone SEと比較して劇的な変化は期待しない方がいい」とのことです

それは、「Appleがこのデバイスをエントリーレベルのものとして、AndroidデバイスではなくiPhoneに子供を取り込むための安価な方法を親に提供する事を目的としている」からです

特徴

報道によると、iPhone SEの最大のアップグレードは5Gだと言います、iPhone 12で最初に追加された5Gは、ダウンロードやストリーミングなどにワイヤレスモバイルデータを利用する顧客にとって大きなアップグレードになります

iPhone用の新しい内蔵プロセッサーも期待されています、もしAppleが前のiPhone SEのパターンを踏襲すれば、iPhone 13のA15プロセッサを搭載するかもしれません

サイズ

Appleは、iPhone SEを現在のものとほぼ同じサイズの4.7インチに保つと予想されていますが、来年にはより大きな5.7インチまたは6.1インチのiPhone SEを発売するのではないかとの噂もあります

製品名

ディスプレイアナリストのRoss Young氏は、噂されている名称は「iPhone SE+5G」であると指摘していますが、「iPhone SE」にこだわる可能性もあると述べています

スポンサーリンク

価格

iPhone SEが発表されたときの価格はわずか399ドルで、低価格はこのiPhoneにとって最大の魅力のひとつでした

Appleはいくつかのアップグレードを行っているが、価格は常にiPhone SEの特徴なので特に噂で言及されてはいませんが、現行の49,800円から始るプライス設定と変わることはないものと思われます

iPad Air(2022)

ここ数ヶ月、Appleの新しいiPad Airの発表計画についてほとんど情報がありませんでしたが、最新の噂によると、2022年春の発売が濃厚とのことです

発売日

AppleはiPhoneやiPadのような新しく発表された製品を発表日のかなり近い時期に予約・購入できるようにする傾向があるため、iPhone SEと同様に発売日も発表の日に非常に近い日となると思われ、発表の日あるいはその週の金曜日オーダーが可能となる可能性があります

特徴

1月の報道によると、Appleは昨年iPhone 13でデビューした新しいA15 Bionicチップを含むいくつかのアップグレードとともに新しいiPadを発売する予定です

また、アップグレードされた12メガピクセルの広角フロントカメラと、Appleの「センターフレーム」に対応したクアッドLED True Toneフラッシュが搭載されると予想されます

もう一つの大きなアップグレードは、Appleの最高のiPadのセルラー版のための5Gかもしれません

また、トップボタンのTouch IDも継続されると予想されますが、Face IDの搭載の噂はありません

サイズ

昨年7月の報道では、アップルは前モデルiPad Airの10.9インチLiquid Retinaディスプレイを維持するとしており、サイズの変更は期待できなと予測されます

スポンサーリンク

OLED

次期iPad AirにはOLEDディスプレイが搭載されるのではないかという噂がありました

アナリストのMing-Chi Kuo氏は
テクノロジーに関しては、オリジナルのiPad AirはLTPSのOLEDディスプレイを使用することを目的としていました。パフォーマンスとコストがAppleの要件を満たすことができなかったため、Appleは2022年にOLED iPad Airを発売する計画をキャンセルしました

Appleは前バージョンのLiquid Retinaディスプレイを採用する可能性が高いですが、mini-LEDが登場する可能性もあります、しかし、Appleとしてはまずは11インチのiPad Proに最初に搭載したいと考えるかもしれないし、ハイエンドモデルと区別するためにmini-LEDを「Pro」機能として確保したいと考えるかもしれないので、その可能性は低そうです

価格

Appleは2020年にiPadAirにいくつかの非常に大きなアップグレードをおこないました、この変更は結果として価格上昇に反映されました

AppleがiPad Airをこのような大幅な値上げ後に再び値上げする可能性は低いと思われます











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)