新型iMac Pro、最大20個のCPUコアを持つ「M1 Max Duo」チップを搭載か

新型iMac Pro、最大20個のCPUコアを持つ「M1 Max Duo」チップを搭載か

新たな報道によると、Appleの次世代iMac Proは、処理用に20コア、グラフィックス用に最大64コアの「M 1 Max Duo」チップを搭載する可能性があるとのことです

名前が示すように、このチップセットは2つのM1 Maxチップを組み合わせて構成され、パフォーマンスが2倍になると予想されています、最大128GBのRAMを搭載することも可能で、これはAppleの最新マシンで現在利用できるRAMの2倍です

Appleは、昨年初めてM1チップを発表して以来、MacBook Air、MacBook Pro、Mac miniに搭載されているIntel製チップの性能をはるかに上回る性能を発揮し、そして、M1チップはさらに進化しています

2021年のMacBook Proに搭載された新しいM1 ProとM1 Maxは、大幅にパワーアップしており、噂によると、Appleは、新しいiMac Proを含む次世代のプロレベルのデスクトップマシンに、さらに強力なチップセットを計画しているようです

スポンサーリンク


APPL TreeとYouTubeのMax Techによると、Appleは最もパワフルなオールインワン向けに新しいM1 Max Duoチップを計画している可能性があります

これにより、最大20個のCPUコア、最大64個のGPUコア、そして最大128GBのRAMを搭載することが可能になります

これは、27インチのiMacの最大RAM容量に匹敵するもので、iMacは依然としてIntelチップを搭載しており、Core i7やCore i9チップよりも性能が優れています

LinuxをMac M1モデルに移植しようとしている開発者のHector Martin氏は今月初め、macOSには「multiple die」チップへの言及が多く含まれており、新しいM1 ProとM1 Maxは「非常に明確に設計されている」と報告しました

言い換えれば、Appleはすでに2つのM1 ProまたはM1 Maxチップを融合させる道を開いているようですが、まだ完了していません

(Via Cult of Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)