M1 Pro/Maxチップ、ProMotion mini-LEDディスプレイなどを搭載したiMac Proが2022年に登場

M1 Pro/Maxチップ、ProMotion mini-LEDディスプレイなどを搭載したiMac Proが2022年に登場

Dylandkt氏によると、現在開発中の次世代iMacは、「iMac Pro」と呼ばれる可能性があると言います

このデバイスには、AppleがMacBook Proモデルに導入したのと同じM1 ProとM1 Maxチップが搭載される予定で、もしかすると追加構成がある可能性もとのことです

今年発売された24インチのiMacから、今度出るiMacを差別化するためにAppleは「Pro」という名前を使っていると言って言われています

AppleはM1 ProとM1 Maxチップを使用するので、それを「Pro」デバイスと考えており、Dylandkt氏によれば、内部的にはMac Proと呼んでいます

リーク筋によると、27インチのmini-LEDディスプレイには「ProMotion」の技術が搭載される予定だと言います、ただし、これまでの一部のうわさでは、次世代iMacにはより大きなディスプレイが搭載されるというものもありました

24インチのiMacとは異なり、「iMac Pro」はダークベゼルを採用し、ベゼルサイズはスリム化される可能性があります

スポンサーリンク


デザイン的には24インチiMacやPro Display XDRに似ているかもしれないし、AppleはFace IDをこのマシンでテストしたようですが、これは確定した機能ではありません

ベースモデルのiMacには、16GBのメモリと512GBのストレージが搭載され、すべてのモデルには、MacBook Proと同様に、HDMIポート、SDカードスロット、複数のUSB-C/Thunderboltポートが装備されると言われます、また、Appleは電源アダプタにイーサネットポートを搭載すると言われています

Dylandkt氏によれば、このiMacの初値は2,000ドル以上で、2022年前半に発売されるとのことです

次期「iMac Pro」は、現行のインテルベースの27インチiMacモデルに取って代わることになります

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)