Apple曰く、新しいMacBook Proのノッチはユーザーにコンテンツのためのスペースを提供する「スマートな方法」

Apple曰く、新しいMacBook Proのノッチはユーザーにコンテンツのためのスペースを提供する「スマートな方法」

新たにデザインされたMacBook Proに搭載されたノッチは、ユーザーにコンテンツのためのスペースを提供するための「スマートな方法」であり、Appleはベゼルをより薄くして、お客様により多くのスクリーン領域を提供することができたと、Appleの関係者が最近のメディアのインタビューで述べています

完全に刷新されたMacBook Proにノッチが搭載されることは驚きであり、先週行われたAppleのイベント「Unleashed」の前に浮上した数少ない直前の噂のひとつでした

予想通り、一部のソーシャルメディアユーザーからは、ディスプレイにノッチを追加するというAppleのデザイン選択を批判する声が上がっています

同社の決定について、Mac製品ラインのマネージャーであり、先週のAppleイベントのプレゼンターの一人であるShruti Haldea氏は、Same Brainポッドキャストのインタビューの中で、「ノッチはmacOSのメニューバーを邪魔にならないようにすることで、ユーザーにコンテンツを置くスペースを提供するものであり、Macにとって”スマート”なソリューションである」と述べています

スポンサーリンク


Appleによると、ベゼルはディスプレイの左右で前世代よりも24%細くなり、計測値はわずか3.5mmです、上部のノッチのおかげで、ベゼルは60%細くなり、3.5mmの大きさです

ノッチは最初は目立ちますが、Appleはダークモードを含むいくつかのmacOSソフトウェア機能に賭けており、日常的に使用する際に一部のユーザーにとってノッチが目立たないようにしています

新しいMacBook Proは、全面的に再設計された筐体、HDMIやSDカードスロットなどの追加ポート、MagSafe、ProMotion搭載のmini-LEDディスプレイ、そしてApple初のプロフェッショナル向けシリコンチップであるM1 ProまたはM1 Maxチップを搭載しています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)