Apple、クリスマス商戦で深刻な供給不足が予想される

Apple、クリスマス商戦で深刻な供給不足が予想される

ここ数週間、Appleのさまざまな製品の納期が異常に長くなっていることから、同社製品の部品が不足していることは明らかです

そして今、事態は改善する前にさらに悪化しそうです

Bloombergのライター、Mark Gurman氏の最新記事によると、重要なクリスマス四半期におけるApple製品の出荷遅延は、同社の業績を大きく損なうほど深刻かつ広範囲に及ぶ可能性があると言います

世界的なチップ不足は販売の減少につながり、その結果、需要が高いにもかかわらずAppleは記録的な売上高を達成できない可能性があると同氏は警告しています

チップ不足による困難に直面しているのはAppleだけではありません、実際、Appleは市場での優位性と優遇措置を利用する能力のおかげで、何ヶ月も軽んじられてきたと考えられていました、しかし、もはやそのような状況ではないようです

スポンサーリンク


Appleの最高財務責任者を務めるLuca Maestri氏は同社の第3四半期報告書の中で、チップ不足が主な原因だとして、秋にはiPhoneおよびiPadの供給に制約が生じる可能性があると警告していました

Maestri氏は当時、投資家に対して「9月の四半期における供給制約は、6月の四半期に経験したものよりも大きくなると予想しています」と述べていました

しかし、この不足はこれら2つのデバイスに限られるものではなく、Appleの将来にとって重要なものかもしれません

Apple Watchや、新型MacBook Proを含む一部のMacも、現在のところ出荷までに長い時間がかかっています、好評を博しているポリッシングクロスも品10~12週間と薄状態です

(Via Macworld.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)