すべてのMacには、2022年11月までにApple Siliconが搭載される予定

すべてのMacには、2022年11月までにApple Siliconが搭載される予定

Appleは2020年のWWDCで、IntelからApple Siliconへの移行計画を初めて発表した際、完全に移行を完了するには約2年かかるとしていました

BloombergのMark Gurman氏が最新号のPower Onニュースレターで、AppleはMacラインアップをApple Siliconに完全移行させるために「かろうじて2年間のタイムラインに到達するだろう」と述べています

これまでのところ、M1チップはエントリーレベルのMacBook Pro、Mac mini、MacBook Air、24インチiMacに搭載されています、Gurman氏が説明するように、最初のM1 Macは2020年11月に登場し、Appleは2022年11月までに移行を完了することになります

今後についてGurman氏は、「M1X」プロセッサをより多く搭載した新しいMacBook Proは「今後数カ月」のリリースに向けて順調に進んでおり、新しいハイエンドMac miniは「その後まもなく」登場すると述べています

スポンサーリンク


2022年、Gurman氏はiMacが「来年末までに完全に移行」し、「改良された小型のMac ProとApple Silicon」が「来年後半にも」登場すると予想しています

Appleはまた、再設計されたMacBook Airを2022年中に発売する計画で、Gurman氏によると、MagSafeもサポートされる予定です

またGurman氏は、Appleが現在の「Intel Mac Pro」のアップデートをさらに1つ計画していることも再確認しました

最近の噂では、Intelの「Ice Lake Xeon W-3300」ワークステーションCPUを搭載する可能性があるとされています

Apple Silicon搭載「Mac Pro」は、現行の「Mac Pro」の約半分のサイズという小型のフォームファクタを備えるが、デザインは似ていると予想されています

Bloombergは以前、Appleがより小型の「Mac Pro」向けに20コアと40コアのチップを開発していると報じていいました

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)