Adobe、Creative CloudアプリのM1 Mac対応を強化し、各アプリの新機能を発表、大幅なパフォーマンスの向上

Adobe、Creative CloudアプリのM1 Mac対応を強化し、各アプリの新機能を発表、大幅なパフォーマンスの向上

Adobeは、Creative CloudアプリケーションのM1ネイティブ版のリリースを続けており、Illustrator、InDesign、Lightroom ClassicのApple Siliconネイティブ版がすべて利用可能になったことを発表しました

また、その他のデスクトップおよびモバイルアプリケーションに搭載されるいくつかの機能を明らかにするとともに、Pfeiffer Consulting社のAndreas Pfeiffer氏に依頼したベンチマーク分析結果を発表しました

これによると、M1のMacでは、同等のIntelシステムと比較して、Creative Cloudアプリケーションの動作が平均で80%速くなるとのことです

Adobeの大きなニュースは、Appleの最新のM1 Macでさらに3つのCreative Cloudアプリケーションがネイティブに利用できるようになったことです

Adobe 00002

Illustrator、InDesign、そしてLightroom Classicです、Adobeによると、Illustratorのユーザーは全体的なパフォーマンスが65%向上し、InDesignのユーザーは59%向上し、Lightroom Classicのユーザーは使用する機能に応じて2倍から4倍に向上するとしています

スポンサーリンク


Adobeによると、Premier Pro M1 Macのベータ版も平均して77%のパフォーマンス向上が見られると言い、このパフォーマンス向上の一部は、Adobe SenseiがM1 SoCのNeural Engineを使用していることによるものです

Adobe 00004

この発表と同時に、Adobeは、M1 Mac上で同社のアプリケーションが同等のIntelシステムよりも80%高速に動作することを示すレポートの結果を公開しました

プロ向けのアプリケーションがAppleの最新システムでどのように動作するか気になる方は、このレポート全体をご覧になる価値があります

結果は、アプリケーションやタスクによって異なりますが、全体的に印象的であり、Appleの新しいチップアーキテクチャへの移行に対するAdobeの投資が継続されるかどうかは疑問の余地がありません

昨年秋に発売されたIllustrator for iPadについては、新機能が追加され、進化を続けています、Adobeは、アーティストがより自然なブラシストロークを描けるようにする機能である「Blob Brush Taper」を導入します

Adobe 00003

また、Illustratorには「透明度グリッド」が追加され、イラストの透明な部分と不透明な部分をより簡単に見分けることができるようになりました、また、書き出しオプションが追加され、Illustratorのテンプレートファイルに対応しました

スポンサーリンク


また、Photoshop for iPadには、初めてカスタムブラシが追加されました、ブラシには、ブラシメニューのプラスアイコンからアクセスできます

また、AdobeシステムズのWebサイトにアクセスし、iPadのブラウザを使ってABRファイルを直接ダウンロードすることもできます

写真家の皆様には、Mac版Lightroomにもアップデートがあり、新しいプレミアムプリセットのセット、バージョンコントロールによる共同写真編集、Lightroom Classicにも搭載されている、画像の品質を損なわずに画像をアップサイズできる「超解像」などがあります、また、iOSではPhotoshop Expressにレタッチツールが追加されています

今回のAdobeの発表は、同社がM1 Macに全面的に取り組んでいることを示しています

Creative Cloudの中核となるアプリケーションのパフォーマンス向上は目覚しく、ワークフローを全面的に高速化します、同時に、Adobeは自社アプリのiPad版を積極的に推進し続けており、これは嬉しいことです

美しいスクリーンを備えた新しいiPad Proが、より多くのクリエイターに提供されるようになっているので、これも継続していくと思われます

(Via .)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)