Adobe PhotoshopがApple Silicon対応にアップデート

Adobe PhotoshopがApple Silicon対応にアップデート

Adobeは、Apple Siliconのネイティブサポートを可能にするPhotoshopのアップデートを公開し、Rosettaエミュレーションでソフトウェアを実行するよりも1.5倍速いパフォーマンスをユーザーに約束しています

11月、Adobeは「AppleSilicon」をサポートするPhotoshopをベータ版でリリースしました、現在、本日発表された最新のv22.3アップデートにより、アドビは正式に「AppleSilicon」サポートを追加しています
Photoshop 22 3 0
PhotoshopはM1 Mac上でネイティブに動作するが、いくつか注意点があります

ユーザーは、PhotoshopをネイティブのApple Siliconアプリケーションとして、またはRosettaエミュレーション下で実行することができます、ただし、ネイティブモードでは、一部の機能は使用できません

  • 埋め込まれたビデオレイヤーのインポート、エクスポート、および再生
  • シェイクリダクションフィルター
  • プリセット同期
  • 画像の共有ボタン/クイック共有
  • ドキュメントから新しいライブラリを作成/ライブラリパネルメニューコマンド
  • ホーム画面>あなたと共有し、編集/共同編集機能に招待します
  • U3D形式のファイルを開くまたは配置する
  • PhotoshopメニューからBridgeを開始する

スポンサーリンク


Adobeはまた、ベータユーザーが報告したApple Siliconのネイティブサポートに関するいくつかの既知の問題をリストアップしています

dobeによると、Apple Silicon上でネイティブに動作するAdobeアプリと、Rosettaエミュレーション上で動作するアプリとの間で編集内容をコピーやペーストする機能は、現在サポートされていません

この問題を解決するには、両方のアプリケーションを同じモードで動作させることを推奨しています

Adobe Creative Cloudをご利用のお客様は、Creative CloudのMacアプリを使ってPhotoshopをアップデートすることができます

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)