Apple M1の後継機の候補リストがベンチマークサイトに登場、チップの仕様はテストの結果ではなく予測である可能性が高い

Apple M1の後継機の候補リストがベンチマークサイトに登場、チップの仕様はテストの結果ではなく予測である可能性が高い

Appleの「M1」後継機と思われるチップのリストがベンチマークサイトに登場しましたが、チップのスペックはテストの結果ではなく予測である可能性が高いようです

「M1X」チップは12コアのAppleシリコンCPUと言われています、M1の改良版として、チップは前の8コアではなく12コアを備えています、その内部GPUは、M1の8コアGPUの代わりに、16コアを備えています

これは、CPU Monkeyに登場した「M1X」の「プレサンプル」のベンチマークとされていますが、仕様が正確であるかどうかを独自に検証することは不可能であるため、次世代のMacチップセットの真のリークよりも、それらを予測としてとらえる方が賢明です

仕様は、Appleが今年リリースできるものと一致しているように見え、リストによると、「M1X」はまだ5ナノメートルの製造プロセスに基づく3.2GHzチップです

スポンサーリンク


予測が正確であることが判明した場合、アップグレードはグラフィックスに焦点を合わせているように見えます

リストは、「M1X」が16GBの最大メモリを備えた16コアGPUを持つことができることを示唆しており、 M1の128ではなく256の実行ユニットを備えている可能性があり、2つではなく3つのディスプレイを駆動できる可能性があります

「M1X」が登場することになっている最初のデバイスのため、それは理にかなっています

CPU Monkeyによると、「M1X」は2021年の第2四半期に14インチMacBook Pro、16インチMacBookPro 、および27インチiMacリフレッシュでデビューすると言われています

以前のチップと比較して、「M1X」は15WM1の代わりに35WのTDPでより高い消費電力を持っていると噂されています

繰り返しになりますが、この時点では、これらの仕様が本物であることを検証することは不可能です、また、CPU Monkeyはベンチマークサイトではあまり信頼性がないようです、しかし、少なくとも、想定されているアップデートは現実的に見えます

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)