Parallels 16 for M1 Mac、テクニカルプレビュー2に新機能を追加

Parallels 16 for M1 Mac、テクニカルプレビュー2に新機能を追加

Parallels は 12 月に、Parallels が M1 Mac で Windows を実行できるようにするための Parallels Desktop 16 for M1 Macs Technical Preview Program をリリースしました

Parallelsは本日、第2回目のテクニカルプレビューをリリースしました、今回のアップデートでは、仮想マシンのサスペンドとレジュームのサポート、安定性の向上などが追加されています

  • 新機能
    • 仮想マシンのサスペンドとレジュームのサポートを追加しました
    • 以下の Linux ディストリビューションで Parallels Tools のインストールをサポートしました。Ubuntu 20.04 以降、Debian 10.7 以降、Fedora Workstation 33-1.2 以降
    • 互換性のある Linux インストールイメージがインストールアシスタントで自動的に検出されるようになりました
  • 改良点
    • 全体的な安定性を改善しました
    • ARM ベースの Linux ISO イメージが Intel ベースのイメージとして認識される問題を解決しました
    • VHDXイメージから仮想マシンを作成すると音が出ない問題を解決しました
    • ドロップダウンメニューでVHDXを指定した場合、インストールソースとしてISOイメージを選択できない問題を解決しました
  • 既知の問題
    • Parallels Tools のアップデート中、仮想マシンの画面が数分間フリーズすることがありますが、そのままお待ちください

スポンサーリンク


Parallelsのソフトウェアは、「Windows Insider」プログラムを通じて入手可能なMicrosoftのArmベースのバージョンを使ってWindowsを実行できるが、Arm Windowsの公式バージョンは購入できません

ソフトウェアにはいくつかの制限もあります、Intel x86ベースのオペレーティングシステムを仮想マシンにインストールしたり起動したりすることはできず、ARM32アプリケーションは動作しません

Parallelsの現在のリリースバージョンは、M1 Mac上で実行することができません、そのため、このソフトウェアを使用したいMacの所有者は、テクニカルプレビュープログラムに参加する必要があります

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)