Apple、M1 MacではIntelベースのMacネイティブより高速で一部のアプリをエミュレート

Apple、M1 MacではIntelベースのMacネイティブより高速で一部のアプリをエミュレート

Mac mini、MacBook Air、13インチMacBook ProなどのMacに搭載されているAppleのM1は、Appleがこれまでに開発した中で最もパワフルなチップであり、Mac専用に設計された初のチップです

M1は、数多くの強力なテクノロジーを1つのチップにまとめ、統一されたメモリアーキテクチャを採用することで、パフォーマンスと効率を飛躍的に向上させています

AppleのM1は、最先端の5ナノメートルプロセス技術を使って作られた初のパーソナルコンピュータチップで、Appleがこれまでにチップに搭載した中で最も多くの160億個のトランジスタを搭載しています

M1には、低消費電力シリコンで世界最速のCPUコア、ワットあたりのCPU性能では世界最高、パーソナルコンピュータでは世界最速の統合グラフィックス、Apple Neural Engineによる画期的な機械学習性能が搭載されています

その結果、M1はCPU性能を最大3.5倍速、GPU性能を最大6倍速、機械学習性能を最大15倍速に向上させ、バッテリー駆動時間を前世代のMacと比べて最大2倍長くすることができます

パフォーマンスと効率性が大幅に向上したM1は、Mac史上最大の飛躍を実現します

スポンサーリンク


今日のM 1発表イベントでAppleのソフトウェアエンジニアリング担当SVP、Craig Federighiは次のように述べています

M 1プロセッサを搭載した3機種のMacには、Intelチップ用にコンパイルされたソフトウェアを実行できる 「Rosetta 2」 が搭載されています
RosettaはIntelベースのMac用に作られたアプリをシームレスに実行する。そのため、アプリをアップデートしなくても、Fusion 360プロジェクトに取り組み続け、お気に入りのゲームで次のレベルにレベルに到達することができます


MetalとM1のおかげで、グラフィックを要求されるアプリケーションの中には、統合グラフィックを搭載した以前のMacでネイティブで動作していたものよりも、Rosettaの方がパフォーマンスが良いものもあります

(Via Cult of Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)