テスラ、一度に三つのQiデバイスに電力を供給できる300ドルのAirPowerライクなワイヤレス充電器を発売

テスラ、一度に三つのQiデバイスに電力を供給できる300ドルのAirPowerライクなワイヤレス充電器を発売

Teslaは今日、最大3台のQiデバイスを同時に充電できる300ドルのワイヤレス充電器、Tesla Wireless Charging Platformを発表しました

コンセプトはAppleが作ろうとしていたAirPowerに似ており、3つのデバイスはテスラの充電マットのどこにでも置くことができ、それぞれ最大15Wの電力を受け取ることができます

テスラによると、充電マットの角ばったデザインはCybertruckの外観から着想を得たもので、アルミ製の筐体にアルカンタラの表面と取り外し可能な磁気スタンドを採用しており、フラット充電にも斜め充電にも対応しています

Cybertruckの角ばったデザインとメタリックなスタイリングに触発された当社のワイヤレス充電プラットフォームは、最大3台のデバイスに対して1台あたり15 Wの急速充電電力を提供します

2022 12 23 11 40 00

流線型のデザインは、アルミニウム製の筐体、高級アルカンターラの表面、取り外し可能な磁気スタンドで構成されており、充電器を水平または斜めに置くと見やすくなります

スポンサーリンク


FreePower (R) テクノロジーを搭載しており、携帯電話やイヤホンなどのQi対応デバイスを、正確な位置合わせなしで表面の任意の場所に充電できます

テスラの充電マットには、ノマドの「Base Station Pro」など他のワイヤレス充電プラットフォームでも採用されているAiraの技術「FreePower」が使われています、NomadのBase Station Proも充電プラットフォームのどこからでも充電をサポートしていましたが、ファームウェアの問題でiPhone 12以降ではうまく動作しなかったため、問題があることが判明しました

テスラのコンセプトはAppleがAirPowerで実現しようとしたものに似ていますが、iPhoneやAirPodsのようなQiベースのデバイスに限定されており、Apple Watchは充電できません

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)