英国Amazon、Apple製品を含む年間数百万点の売れ残り商品を破棄しているとの疑惑が浮上

英国Amazon、Apple製品を含む年間数百万点の売れ残り商品を破棄しているとの疑惑が浮上

Amazonが英国で、AirPods、iPad、MacBookなどの未使用・未開封のApple製品を含む、年間数百万個の売れ残り在庫商品を破棄していることが、新たな報告書で明らかになりました

メディア「iTV News」が行ったこの覆面調査では、英国内の24カ所のフルフィルメントセンターで破棄される予定の商品の映像が集められました

iTVによると、廃棄物の規模は、コンピュータードライブ、書籍、密閉式フェイスマスク、最高級のヘッドフォン、ドローンなど多岐にわたります

聞くところによると、1週間に13万点近くの商品が「破壊」と書かれた箱に整理されます、最終的にはゴミ箱に投棄され、リサイクルセンターや埋立地に運ばれます

Amazonの従業員によると、約50%は未開封のもので、残りの半分は状態の良い返品品だと言います

スポンサーリンク


また、Amazonは一部の商品を寄付しているようですが、その規模ははるかに小さいものとなっています

ダンファームラインの倉庫では、4月のある週に、約28,000点の商品に寄付のラベルが貼られました、多くの業者は、Amazonの倉庫に商品を保管することを選択します、その商品が売れ残った場合、Amazonは保管料を請求します

最終的には、商品を廃棄した方が安くなります
Amazonの広報担当者がiTV Newsに語ったところによると、小売大手が破棄する在庫の量は「極めて少ない」とのことです

「私たちは商品廃棄ゼロを目指しており、売れ残った商品の再販、慈善団体への寄付、リサイクルを優先しています。英国内で埋立地に送られることはありません。最後の手段として、商品をエネルギー回収に回すこともありますが、この回数をゼロにするために努力しています」とAmazonは述べています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)