ジャパンディスプレイ、シャープに液晶工場を売却

ジャパンディスプレイ、シャープに液晶工場を売却

ジャパンディスプレイが、Appleへの負債を軽減するために、液晶ディスプレイの主要生産施設をシャープに売却する計画を最終決定したと報じられています

日本経済新聞の報道によると、ジャパンディスプレイは、AppleのサプライヤーであるFoxconnの子会社であるシャープに工場と占有する土地を売却するための取引を最終決定する予定です

ジャパンディスプレイがiPhoneの有機ELへの移行に向けた準備を怠っていたと報じられたことの犠牲となっていますが、3月には、ジャパンディスプレイは同施設から約2億ドル相当の液晶製造装置をAppleとみられる顧客に売却したとされていたと言われます

日本経済新聞の報道は、ジャパン・ディスプレイがその顧客に合計2億8100万ドル相当の機器を販売したことを示唆しています

ジャパンディスプレイは当初、3月末までに同工場を売却する予定でしたが、世界的なコロナウイルスの大流行により交渉が難航していました

シャープへの工場売却と無名の顧客への機器売却を合わせると、ジャパンディスプレイは約700億円の利益を得ることができます

2020年3月時点で、ジャパンディスプレイはまだAppleに約8億ドルの負債があると言われていました

(Via Apple Insiderhttps://appleinsider.com/articles/20/08/27/japan-display-to-reportedly-sell-lcd-factory-to-sharp.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)