iPhone 12 、EarPodsと電源アダプタを同梱せずに5G分のコスト削減

iPhone 12 、EarPodsと電源アダプタを同梱せずに5G分のコスト削減

Appleは、新しい5Gコンポーネントによる製造コストの増加を相殺する手段として、2020年には「iPhone 12」モデルにEarPodsや電源アダプタを搭載しない可能性があります

アナリストのMing-Chi Kuo氏は5月に、「iPhone 12」にはヘッドフォンが付属しないだろうと予測しており、充電アダプタについても同様の予測がなされています

台湾の調査会社TrendForceが報じたところによると、Appleはこれらのアクセサリを含まない「iPhone 12」モデルを2020年中に出荷するよう「決定済み」だとしています

TrendForceによると、今回の動きは「コストを削減し、小売価格を安定させるための取り組み」とのことです

5Gのサポートが追加されるため(一部のモデルではmmWaveを含む)「iPhone 12」の部品代は過去のモデルよりも大幅に高くなる可能性が高いとのことです

スポンサーリンク


7月には、AppleInsiderが「iPhone 12モデル」の箱に挿入されたとされる画像が提供され、EarPodsや電源アダプタのスペースが不足していることを示していました

パッケージを見ると、iPhoneボックスは全体的にスリムで環境にも配慮しているようです

しかし、いくつかの相反する噂もあり、6月にリークされた情報によると、「iPhone 12」には新しい20WのUSB-C電源アダプタが同梱されるとのことで、そのアダプターは、一部の国でも認証を受けています

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)