Google、来月からビデオ会議サービス 「Meet」を無料で提供開始

Google、来月からビデオ会議サービス 「Meet」を無料で提供開始

Googleは、同社のビデオ会議サービス「Meet」を、Googleアカウントを持つユーザーなら誰でも来月から随時無料で利用できるようにすると発表しました

「Meet」は、5月まで段階的に提供を開始した後、G Suiteの有料会員のみを対象とするサービスではなくなり、Googleのアカウント保有者を対象に2020年9月30日まで提供されます

Google Meetは、最大100人の参加者向けのビデオ会議、会議をスケジュールするオプション、画面共有機能など、この数週間Zoomを広く普及させてきた機能の多くを提供します

Google Meetでは、通常、無料ユーザーは60分間のミーティング時間制限を設けているが、GoogleはすべてのGoogleアカウント所有者に対して、この制限を解除します

スポンサーリンク


Zoomの最近のトラブルを考えると、Googleはこのプラットフォームのプライバシーとセキュリティーを強調したいとも考えています、ビデオ会議は送信中は暗号化され、Google Driveに保存された録画はすべて送信中および保存中に暗号化されます

Google Meetの利用に興味がある人は、App StoreからHangouts Meet by Googleアプリをダウンロードするか、meet.google.comにアクセスしてウェブブラウザバージョンを使用することができます

徐々に展開されているので、ユーザはサインアップして、使用可能になったときに通知を受けることができます

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)