RIAAの調査、ストリーミングミュージックは前年比13%増で全体の79%

RIAAの調査、ストリーミングミュージックは前年比13%増で全体の79%

アメリカレコード協会 (Recording Industry Association of America, RIAA) が発表したばかりの調査では、2019年の音楽業界の収益データによると、ストリーミング音楽の収益は2018年98億ドルから111億ドルに13%増加し、全体の79%を占めました

さらに、SpotifyやApple Musicなどの有料ストリーミングサブスクリプションサービスからの収益が前年比25%増加の68億ドルでした

有料サブスクリプションの実際の数は29%増加し、前年の4,690万件から2019年には6,040万件となっています、これは、わずか4年前の音楽チャンネル登録者数の5倍以上の増加です

現物販売は現在、市場のわずか10%を占めています、そうは言っても、アナログレコードの売上はこの傾向に負けず、14年連続で増加し、5億ドルを超える収益に達しました

スポンサーリンク


最も興味深い統計の1つは、引き続きデジタルダウンロードの減少です

ストリーミング音楽サービスの導入以来、ダウンロード収益は急速に減少しています。2019年、ダウンロードは音楽業界の収益のわずか8%を占め、物理メディアよりもさらに少なくなっています

RIAA会長兼最高経営責任者(CEO)のMitch Glazier氏は、次のように述べ

今日のレポートは、クリエイターが前進する道を歩む未来の見通しを反映しています。しかし、それはまた、すべての音楽が評価され、クリエイターが公正に補償されている健全な音楽コミュニティを保証するためにどれだけ遠くに行かなければならないかを明らかにします。私たちはまだすべてのデジタルサービスで音楽の完全な価値を認識していません

ストリーミングの成長が重要であるが、まだ改善の余地があるとの考えを示しています

(Via Variety.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)