Amazon、AppleとGoogleを破って「最も価値のある」ブランドに昨年に続いて選ばれる

Amazon、AppleとGoogleを破って「最も価値のある」ブランドに昨年に続いて選ばれる

Amazonは、Brand Financeの「Global 500 2020」で昨年に続いて、AppleとGoogleを破り、「最も価値のある」ブランドのトップとなりました

やや非正統的なランキングシステムは、すべてのセクターと国で世界で最も価値のある500のブランドに注目しています

次に、企業が公開市場で名前のライセンスを取得することで得られるロイヤルティ率に基づいて「ブランド価値」を割り当てます

ブランドファイナンスは、会社のブランドを使用するために請求されるロイヤリティレートを見積もることによって、年間リストを作成します、これは、現在および将来の収益を考慮に入れます

会社は次のように説明しています

ブランドファイナンスは、ブランド評価に関する国際的に認知された標準であるISO 10668の作成を支援しました。ブランドは、特定の目的で、名前、用語、記号、シンボル、ロゴ、デザインなどのマーケティング関連の無形資産として定義されています商品、サービス、またはエンティティ、利害関係者の心の中に独特の画像と関連性を作成し、それによって経済的利益を生み出します

スポンサーリンク


また、トップ企業は通常、現実の時価総額にほぼ適合しますが、この関係は正確ではありません

今年、Amazonは2,000億ドルのブランド価値マークを打ち破ったGlobal 500ランキングの最初の企業になりました

Global 500 2020 00002 z

ブランドファイナンスは、Amazonを2,208億ドルと評価しています。これは、2位のGoogleを600億ドル多く、そして、Appleよりも800億ドル多いです

実際の2020年1月30日時点での時価総額は、Appleが 1兆4,200億ドル、Googleが 1兆30億ドルで、Amazonは 9,275億ドルです

(Source Brand Finance , Via Cult of Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)