Huawaei、米国のエンティティ・リストに載った後RAM、フラッシュ、プロセッサのサプライヤを失う

Huawaei、米国のエンティティ・リストに載った後RAM、フラッシュ、プロセッサのサプライヤを失う

エンティティ・リストに載った後

米国のトランプ政権がHuawaeiをエンティティ・リストに載せたことを受けて、ドイツのプロセッサメーカー、InfineonはHuaweiへの出荷を中止しました

米国商務省の決定により、米国以外の会社がこのステップを踏み出したのは今回が初めてであり、それはHuaweiのAndroidライセンスを一時停止するという Googleの決定に続くものです

日経アジアレビューによると、Infineonは米国内で法的問題に直面することを懸念しています

それは、DOCのEntity Listがアメリカの企業だけではなく、アメリカの技術を製品に使用している外国企業に影響を与える可能性があるためです

この決定がInfineon自体に重大な影響を及ぼす可能性は低く、同社の最新の財務報告によると、2018年の売上は87億ドル、Huaweiへの売上は年間約1億ドルと報じられています

スポンサーリンク


Huawei Phone 00001
Infineonの動きは、QualcommやQorvoもHuawei社の供給をやめた後に起こりました、同様に、米国のRAMメーカーであるMicron TechnologyはHuawaeiに販売しないことが確認されています

他にも、Western DigitalがHuawei社へのフラッシュメモリの供給を停止したと報告しています

東芝とジャパンディスプレイはまた、Huawei社に部品を供給し続けることができるかどうかを検討しています

Reutersによると、米国内のサプライヤを全面的に「置き換えることは困難」であり、Huaweiの米国のサプライヤは「少なくとも数年以内には中国のものに置き換えることはできない」と指摘したと報じています

(Via .)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)