新しいiPhoneの画面上の青いピクセルが日本のサプライヤを評価する

新しいiPhoneの画面上の青いピクセルが日本のサプライヤを評価する

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

OLED

iPhoneの成功は、ガラスメーカーからメタルケースをカットするロボットメーカーに至るまで、数多くのサプライヤーの運命を変えました

今、Apple Inc.がOLEDスクリーンを備えた新しいスマートフォンを導入する準備を整えると、そのガソリンスタンドで知られる日本のリファイナーがリストに加わろうとしています

出光興産は 1980年代半ばに有機発光ダイオードを試作し、世界的な石油ショックの後に石油への依存を減らそうとしました

今手に入入る、Googleの最新のPixelスマートフォンやSamsung Electronics Co.のGalaxyモデルのOLEDの画面上の青いピクセルは出光の材料や特許で作られている可能性がある

より鮮明な画像を提供し、電池の消費電力を抑えた先進的なディスプレイの採用が拡大し、これまで日本のサプライヤーに注目されています

OLED 002

例えば、Canon Tokki Corp.は、OLEDスクリーンを作ることができる巨大真空機械にほぼ独占しています、大日本印刷(株)と凸版印刷(株)は、OLED画素をインプリントするために必要な微細なメッシュメッシュの大手メーカーです


スポンサーリンク




Appleは今年、製品のデビュー10周年を迎えたOLEDスクリーンを少なくとも1つの新しいiPhoneに出荷する予定だといいます
カリフォルニア州クパチーノに本社を置く同社のOLEDディスプレイを使用することで、数億台の需要が見込まれていいます

IHS Markitは、2017年に227億ドルに達すると予想される市場で、今年はスマートフォンパネル用の液晶ディスプレイを追い越すと予測しています

出光のOLED技術における役割は、青色ダイオードの初期の研究からもたらされます。青色ダイオードは長く続くわけではありませんが、ディスプレイ上にフルレンジの色を提供するためには重要です。青い光は、赤と緑よりも高い周波数を持ち、化学結合を切断するのに十分なエネルギーを蓄えます

LCDはバックライト付きパネルを必要としますが、OLEDディスプレイは、有機ピクセルが自ら発光し、より薄く、よりエネルギー効率が高く、より深い黒色を生成することができます

また、さまざまな形状や用途に柔軟なプラスチックで作ることもできます

出光電子材料部門の事業戦略担当ゼネラルマネジャーである長瀬貴光氏は、次のように述べています

「私たちは10年間、すべての重要な特許を取得しています。「しかし、過去3、4年で本当のビジネスになったのです」

出光は東京で3,480円で横這い。この株価は、Topix指数が3.3%下落したのに対し、今年は7.6%上昇した

OLED 005

九州大学有機フォトニクス研究センターディレクターの安達氏と彼の研究者は、1週間もたたないうちにこれまでに存在しなかった炭素化合物を作り出すことができます、これにより、描画ボードに戻る前に、明るさと長寿命のための小さなOLED正方形サンプルを迅速に作成し、テストすることができます

2012年には、このアプローチにより、コストと消費電力を大幅に削減する画期的な技術と、より純粋な色のOLEDが実現しました

OLED 004

熱活性遅延蛍光現象(TADF)と呼ばれるこの技術は、青色ダイオードの特許を脅かす可能性があります

この技術を商品化するために創設されたKyulux Inc.の共同設立者でもある安達氏は、「青いTADFの背景にある科学は今年解決されるだろう、次のステップは量産問題を解決することです」と語った

(Via Bloomberg.)












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)