AppleのiPhone 15 Pro Maxがペリスコープレンズと進化した光学ズーム、iPhone 16 Proでは小型モデルにも搭載

AppleのiPhone 15 Pro Maxがペリスコープレンズと進化した光学ズーム、iPhone 16 Proでは小型モデルにも搭載

Appleは今年後半に、iPhone 15、15 Plus、15 Pro、および15 Pro Maxの4つの新しいモデルを発表する予定です

これらの4つのモデルは新しいデザインを採用しますが、画面サイズは現行のままです、ただし、噂によると15 Pro Maxモデルのみが光学ズームの向上のためにペリスコープレンズを搭載するとされています

しかし、アナリストのMing-Chi Kuoによれば、通常のiPhone 16 Proも2024年にペリスコープレンズを搭載する予定です

iPhone 16 Pro用のペリスコープレンズ

噂によると、大型のiPhone 15 Pro Maxのみ、背面カメラにペリスコープレンズが搭載されるそうです

ペリスコープレンズのプリズムは、カメラセンサーに対して90度の位置にある複数の内部レンズへ光を反射させます。これにより、望遠レンズよりもはるかに長いレンズとなり、はるかに優れた光学ズームを実現します


AppleがSamsungのGalaxy S23 Ultraの10倍ズームに追いつくか、一部の専門家が予想する6倍レンズになるかはまだはっきりしません、いずれにせよ、現時点ではこの機能は15 Pro Maxモデルに限定されるとほぼ確実です

しかし、アナリストのMing-Chi Kuoは、火曜日に述べたところによれば、Appleは小型のProモデルにもペリスコープレンズを搭載する意向があると述べました

これはiPhone 15 Proではなく、2024年のiPhone 16 Proで実現される予定です、Kuoによれば、Appleのサプライチェーンに詳しい関係者からの情報によれば、iPhone 16 Proにはやや大きなディスプレイが搭載される予定です、これにより、メーカーは両バージョンにペリスコープレンズを搭載することができます

iPhone 14 Proは現在6.1インチのディスプレイを搭載しており、iPhone 14 Pro Maxは6.7インチのディスプレイを搭載しています、iPhone 15 ProとiPhone 15 Pro Maxはおそらく現行の画面サイズを維持するでしょうが、iPhone 16シリーズの新しい画面サイズはまだ分かりまりません、Kuo氏は、iPhone 16のペリスコープカメラの主要な供給元はCowellであると予測しています

Appleが提供する複合現実ヘッドセット

また、Appleの複合現実ヘッドセットに関しても、Kuo氏は噂を確認しました、最初のバージョンのデバイスはおそらく来月のWWDC 2023で発表される見込みですが、Appleは既に第2世代の開発も進めています

同氏によれば、高級なヘッドセットとより手頃な価格の低価格版の2つが存在し、最初のヘッドセットの価格は約3,000ドルになる見込みです

2025年までにAppleが2つのヘッドセットを市場に投入すると考えると、Kuo氏は第2世代のデバイスが初代のものよりも10倍の販売台数を達成すると予測しています

(Via 9to5Mac.)







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)