iPhone 15 Pro Maxのペリスコープレンズ、2024年にはiPhone 16 Proの両モデルに搭載

iPhone 15 Pro Maxのペリスコープレンズ、2024年にはiPhone 16 Proの両モデルに搭載

iPhone 15 Pro Maxは、2023年の唯一のApple製スマートフォンにペリスコープカメラのレンズが搭載され、大幅に強化された光学ズームの恩恵を受けることになるだろうと、韓国の新たな報道が伝えています、このハードウェアは、来年になってようやく両方のProモデルに搭載される予定です

The Elecによると、Appleは今年中に「Folded Zoom」ペリスコープ望遠レンズをiPhone 15 Pro Maxの独占機能にする意向であるといい、AppleのアナリストであるMing-Chi Kuo氏のレポートが事実であることを裏付けています

Kuo氏は以前、iPhone 15 Pro Maxはペリスコープ望遠レンズを搭載するiPhone 15シリーズのモデルのみになると述べており、アナリストのJeff Pu氏もこの予測をしています、韓国の報道によると、その後Appleは2024年にペリスコープ・レンズ・システムをiPhone 16 Proの両モデルに搭載する予定だとのことです


ペリスコープシステムでは、望遠レンズに入った光は角度付きの鏡によってカメラのイメージセンサーに向けて反射され、光の進む方向を変えることで、携帯電話の内部でより長い「折りたたんだ」望遠設定が可能になり、ユーザーはぼやけずにさらに拡大することができます

2023 01 17 22 45 47

The Elecによると、Appleは今年のiPhone 15 Pro Maxに搭載されるペリスコープ望遠レンズに使用されるOISアクチュエータの供給元を新たに探しており、Appleは既存のiPhoneカメラモジュールアクチュエータのメーカーである日本アルプス電気とミツミに代わり、アクチュエータの供給を韓国企業のLGイノテックとジャファ電子に頼る予定だとのことです

LGイノテックとJahwaはいずれもSamsungと共同でボール型のアクチュエータを開発しており、Appleが現在望遠モジュールに使用しているスプリング式アクチュエータよりも、折り畳んだズームモジュールに適しています、Samsungの「Galaxy S22 Ultra」には、すでに10倍ズームのペリスコープ望遠カメラが搭載されてます

Appleが今年の6.7インチiPhone 15 Pro Maxモデルのみにハードウェア機能を搭載することを決定したため、小型の6.1インチProモデルに最高の機能を求めるアップグレード希望者の不満の原因になりそうです

AppleはiPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Max以来、iPhone”Pro”モデル間でカメラ機能を区別していません

iPhone 14 Pro Maxの販売が予想を上回ったこともあり、iPhone 15 ProとiPhone 15 Pro Maxの差別化が強化されるとの噂もあります

BloombergのMark Gurman氏は、iPhone 15 Pro Maxの名称が、「Apple Watch Ultra」のように「iPhone 15 Ultra」に変更される可能性があると述べてます。

iPhone 15は9月にリリースされると予想されているため、さらなる詳細はまだほとんど明らかになっていませんが、AppleはUSB-Cに移行し、Dynamic Islandを今年のiPhoneすべてに拡張すると広く予想されてます

(Via MacRumors.)







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)