iOS 16.5でiPhone 14のリバースワイヤレス充電が強化される可能性

iOS 16.5でiPhone 14のリバースワイヤレス充電が強化される可能性

情報筋によると、AppleはiPhone 14でワイヤレス充電アクセサリのサポートを追加する予定だとのことです

iPhoneはすでにリバースワイヤレス充電に限定的に対応していますが、その機能はおそらく拡張されつつあります

これにより、サードパーティ製のMagSafeアクセサリがより便利に

iPhoneのリバースワイヤレス充電が一般的になるかも

ほとんどのiPhoneは、電磁誘導充電によってワイヤレスで充電できることを知っておく必要が在ります、しかしMagSafeのiPhoneは、ワイヤレスで電力を送る能力にも限界があります

現在のところ、この機能が使えるのはApple自身のMagSafe Battery Packだけで、これに対抗するアクセサリはありません

それはすぐに変わる可能性が在ります

iPhone 14に関する情報を含む一連のツイートの中で、McGuire Wood氏は、「ワイヤレス充電コイルは適切なRWCを行うことができますが、発売時にはできません。iOS 16.5は私の最善の見積もりだ」と述べています


スポンサーリンク


これが他のMagSafe対応端末にも適用されるかどうかは不明ですが、これは合理的な仮定です、すでにiPhone 12とiPhone 13では、リバースワイヤレス充電が限定的にサポートされています

iOSのこの変更が本当なら、Apple以外の企業も、iPhoneとの間で電力の送受信が可能なMagSafeバッテリを製造できるようになります

RWC(リバースワイヤレス充電)を使うと、iPhoneを接続して、Lightningケーブル1本で本体と電源を同時に充電できます、現状を理解するのは難しいが、OtterBox Wireless Power Bank for MagSafeには2組の別々の充電コイルが含まれていますが、それでもこのトリックを成功させることはできません

RWCは他の面でも役に立ちます、例えば、Scoche BoomCan MagSafeはiPhoneで充電できます、バッテリーを装着したクリップ式アクセサリーなら、この方法で電源を供給できます

ただし、完全なワイヤレス充電が有効になっていても、1台のiPhoneがこの方法で別のiPhoneに電力を送ることができるわけではありません

スポンサーリンク


RWCはMagSafeの一面で、システムを構成する磁石はiPhoneをアクセサリに固定するように設計されており、プラスとマイナスの磁極が並んでいます、つまり、1台のiPhoneが別のiPhoneと正しく並ばないということです

iPhone 14がAppleによって発表されると予想される9月に、この未確認情報の報道が事実かどうかが判明する可能性があります

あるいは、iOS 16.5のリリースまで待たなければならない可能性もあります

(Via Cult of Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)