iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxの大型画面サイズのスペック詳細

iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxの大型画面サイズのスペック詳細

多くの報道が伝えているように、iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxでは、ノッチが廃止され、新たに「ピル+ホールパンチ」デザインが採用される見込みです

この変更により、iPhone 14のディスプレイは若干背が高くなると言われています、今回、ディスプレイアナリストのRoss Young氏が、今年発売予定のディスプレイサイズの正確な仕様を公表しました

Young氏によると、iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxはいずれも、ノッチの廃止によりディスプレイが若干大きくなると言い、この違いによって画面の面積が少し広くなったが、一部の人が期待していたほど劇的な変化ではありません

iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxの画面サイズと、前機種のiPhone 13との比較です

  •  iPhone 13 Pro : 6.06インチ
  •  iPhone 14 Pro : 6.12インチ
  •  iPhone 13 Pro Max : 6.68インチ
  •  iPhone 14 Pro Max : 6.69インチ

スポンサーリンク


実際のところ、今回の変更は、Appleが大型ディスプレイのメリットを生かすためにiOSインターフェイスを微調整するほどではないと思われます、画面サイズが大きくなったことで、Appleはステータスバーにバッテリー残量を表示できるようになるのではないかと期待していた人もいましたが、それはまずなさそうです

Appleはすでにディスプレイサイズを6.1インチと6.7インチとしているので、iPhone 14 ProとiPhone 14 Pro Maxのマーケティング方針を変える可能性は低いと言えます

一方、iPhone 14とiPhone 14 Maxは、iPhone 13とiPhone 13 Pro Maxと同じ画面サイズになると予想されています

これは、低価格モデルのiPhone 14ではノッチのデザインが維持され、「ピル+ホールパンチ」型のノッチデザインがProでのみ採用されるためです

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)