調査結果では、iPhoneユーザーの40%がiPhone SE 3の購入を計画

調査結果では、iPhoneユーザーの40%がiPhone SE 3の購入を計画

SellCellの調査によると、iPhoneユーザーの40%が第3世代のiPhone SEを購入する意向であることがわかりました

iPhone SEを購入しようと計画しているiPhoneユーザーのうち、24%がiPhone SEをメインデバイスとして使用する予定で、16%が贈り物として、またはセカンダリデバイスとして使用する予定です

iPhone SE 3の購入者の大部分は、iPhone SEを自分で使うことを計画していますが、10.9%が子ども用、10.2%がパートナーや配偶者用、7.8%が親や祖父母などの家族用に購入する予定です

ほとんどのユーザーは、価格を理由に第3世代のiPhone SEを購入する計画ですが、15.2%は主に5G接続に魅力を感じており、11.3%はコンパクトなフォームファクタを好み、6.7%はTouch IDのホームボタンに魅力を感じています

スポンサーリンク


iPhone SEにアップグレードするユーザーの大半はiPhone 11からアップグレードする予定で、これは、新しいiPhone SEが発売された際に手放す予定のモデルの11.5%に相当します

iPhone 11以外では、6.8%がiPhone XRからのアップグレードを、6.7%が iPhone 12からのアップグレードを計画していますが、iPhone SEへの移行は、iPhone 6からiPhone 13 Pro Max まで、複数のiPhone世代にわたって幅広く乗り換え意欲が広がっていることがわかります

新しいiPhone SEの購入を予定していないユーザーのうち、66.2%が現在のiPhoneモデルにまだ満足している、9.3%がiPhone 14のラインアップの発売を待っている、4.1%が「デバイスが小さすぎる」、3%が「プレミアム感が足りない」と回答しています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)