2022年のiPhone 14、一部のモデルでパンチホールディスプレイを搭載の可能性

2022年のiPhone 14、一部のモデルでパンチホールディスプレイを搭載の可能性

BloombergのMark Gurman氏、最新のニュースレター「Power On」で、Appleは「iPhone 14」の一部のバージョンで、デザインを大幅に変更する予定だと言います

同氏によると、Appleはノッチの代わりに、完全なノッチを使用せずにカメラを通すためのコンパクトなウィンドウを作成するパンチホールディスプレイを導入し、ノッチを完全に使用することなく、カメラを光らせるためのコンパクトな窓を作る予定です

ホールパンチは、True Depthカメラアレイのうち、ユーザーに直接露出する要素が少なくなることを意味しますが、AppleはフラッグシップデバイスでFace IDを使い続けるために、代替手段を考える必要があります

これは、画面全体で機能するが表示されないアンダーディスプレイシステムの形をとることができます

スポンサーリンク


パンチホールディスプレイのアイデアは、12月のThe Elecによる2021年の考察や、3月のMing-Chi Kuoによる予測など、他の予測でも表面化しています

「iPhone 14」に関するその他の噂には、背面カメラの突起を取り除き、全体的にフラットなデバイスにする可能性があるというものもあります、カメラの解像度も12MPから48MPになる可能性があります

その他の噂では、チタン製筐体や、SIMトレイさえないポートレスモデルという、大雑把な予測が含まれます

(Via appleinsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)