iPhone 14 Pro 、48メガピクセルのカメラと8GバイトのRAMを搭載か

iPhone 14 Pro 、48メガピクセルのカメラと8GバイトのRAMを搭載か

以前から噂されていたように、Appleは2022年9月に、6.1インチの「iPhone 14」、6.7インチの「iPhone 14 Max」、6.1インチの「iPhone 14 Pro」、6.7インチの「iPhone 14 Pro Max」の4モデルを発売する予定であると、アナリストのJeff Pu氏が伝えています

Haitong International Securitiesのリサーチノートによると、両Proモデルには、アップグレードされた48メガピクセルの広角レンズと12メガピクセルの超広角レンズおよびテレフォトレンズを搭載したトリプルレンズリアカメラシステムが搭載される述べています

TF International SecuritiesのアナリストMing-Chi Kuo氏は4月、48メガピクセルのレンズは8Kビデオ撮影に対応するとの主張と一致します

また、iPhone 14 Proモデルには8GバイトのRAMが搭載され、iPhone 13 Proモデルの6Gバイトから増加するとPu氏は予想しています

スポンサーリンク


この噂には信憑性がありますが、他のiPhone 14のスペックの中には、iPhone 14の全モデルが120 Hzのディスプレイを搭載するという彼の主張のように、Pu氏が予測した他のiPhone 14のスペックには可能性が低いと思われるものもあります

ディスプレイ業界アナリストのRoss Young氏は9月、iPhone 14とiPhone 14 Maxの標準モデルは60Hzディスプレイを採用すると述べていました

また、iPhone 14の標準モデルはストレージ容量が64Gバイトからとなっていますが、iPhone 13のラインアップは128Gバイトからとなっています

Pu氏は、Appleのうわさに関してはさまざまな実績があります

例えば、mini-LEDディスプレイを搭載した16インチの「MacBook Pro」と iPad Pro」モデルは2021年に発売されると同氏は正確に主張していましたが、2019年に発売される3Dセンシングカメラを搭載した「HomePod」については間違っていました

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)