iPhone 13のダミーモデル、カメラモジュールの位置が変更され、「Pro Max」はより大きなバンプを示す

iPhone 13のダミーモデル、カメラモジュールの位置が変更され、「Pro Max」はより大きなバンプを示す

リーカーのSonny Dickson氏がTwitterで公開した次期「iPhone 13」の新しいダミーモデルとされる画像には、標準の「iPhone 13」と「iPhone 13 mini」のカメラモジュールの位置が変更され、最上位モデルのカメラモジュールは “わずかに大きくなっている”ことが描かれています

このダミーモデルは、MacRumorsが以前に確認したiPhone 13の回路図と一致しており、次期iPhoneが全体的に厚みのあるデザインを採用し、カメラバンプが大きくなることを示しています

カメラバンプの大きさと厚さは、噂されている全ラインナップへのセンサーシフト式手ぶれ補正の搭載によるものかもしれません

また、最上位機種であるProおよびPro Maxには、アップグレードされたウルトラワイドカメラが搭載されると噂されています

スポンサーリンク


カメラの改良以外にも、次期iPhone 13 ProおよびPro Maxには120Hzのディスプレイが搭載され、常時接続機能が搭載される可能性があると予想されています

最近リークされたバッテリー容量によると、すべてのラインナップがより大きなバッテリーを搭載することが示唆されていますが、これはおそらく、より高い可変リフレッシュレートに必要な電力消費量の増加によるものでしょう

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)