iPhone 13 Pro、センサーシフト安定化とオートフォーカスで改良された超広角カメラを搭載可能に

iPhone 13 Pro、センサーシフト安定化とオートフォーカスで改良された超広角カメラを搭載可能に

最新の報道によると、今年のiPhone 13 ProモデルのiPhoneには、センサーシフトの安定化とオートフォーカス機能を備えた改良型超広角カメラレンズが搭載されると言われています

Digitimesの記事によると、Appleは今年のiPhone 13 Proで新たに導入されたセンサーシフト手ぶれ補正を超広角カメラに拡大すると主張しています

Appleは昨年、iPhone 12 Pro Maxでセンサーシフト式手ぶれ補正を導入しています、この技術は、レンズではなくセンサー全体をシフトさせることで、スマートフォンの光学式手ブレ補正を向上させるものです

この技術はiPhone 12 Pro Maxに限られており、ワイドレンズにも適用されていました

Appleは画像処理技術を広角レンズと超広角レンズの両方に拡大し、より優れたオートフォーカス技術を導入する可能性があると、新しいレポートは主張しているため、この状況は今年変わるかもしれません、記事によると、Appleはこの機能をiPhone 13 ProとiPhone 13 Pro Maxの両方で提供すると述べています

スポンサーリンク


iPhone 13に関する最近のうわさが多く報じられ、今週初め、アナリストのMing-Chi Kuo氏は、新しいiPhoneは、iPhone 13 Proモデルで120Hzのリフレッシュレートだけでなく、より小さなノッチを備えていると主張しています

iPhone 13のラインナップは、最大ストレージオプションを1 TBに拡大する可能性も報じられています

(Via iPhone Hacks.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)