iOS 14 beta 5は、iPhone 12のスクリーンが120 Hzであることを再び示唆

iOS 14 beta 5は、iPhone 12のスクリーンが120 Hzであることを再び示唆

最初の5 G対応iPhoneは10月に発売されるようで、高いリフレッシュレートをサポートするという相反する報告があります

6月に、リーカーのBen Geskin氏は、最初のiOS 14 Developer betaでは「フレームレートの制限 」オプションが提供されると報告しました、このオプションでは、スクリーンの最大フレームレートを60フレーム/秒に設定できます

現在、iPhone 11には60Hzの画面が搭載されているため、Appleがリフレッシュレートを上げる計画がない限り、このオプションを提供することは意味がありません

iPhone 12の120HzスクリーンはGalaxy Note 20 Ultraのスクリーンと同じくらいの性能を期待してはいけません

近の報道によると、iPhone 12は60Hzの画面を維持するという、以前は、2つのハイエンドモデルは理論的に120Hzのリフレッシュレートをサポートできると考えられていたが、Appleはバッテリへの懸念から、このオプションを有効にしませんでした

スポンサーリンク


ディスプレー・アナリストのRoss Young氏は、この主張に反論しています

基本的に、iPhone 11 ProをiOS 14 beta 5にアップグレードした後、Twitterユーザーは再びフレームレートを60Hzに制限するオプションを目にしました、Appleはまだオプションを廃止していない場合、それは120Hzの画面の可能性をもたらします

Young氏は現在、120 Hzのディスプレーが実際に開発中だと考えています、同氏は、新型iPhoneにはおそらくLTPOバックプレーン技術は搭載されず、Galaxy Note 20 Ultraのようなアダプティブリフレッシュレートは搭載されないと繰り返し述べました

以前の報道によると、iPhone 12 Pro Maxの120Hzの画面は意図した通りに動作し、問題はiPhone 12 Proへの実装にあると言います

iPhone 12の発売が正式に延期された今、Appleは高リフレッシュレートスクリーンのためのその名前であるProMotionディスプレイを改良させるための時間を得たのかもしれません

(Via phone Arena.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)