2020年 iPhone Photography Awards の受賞者を発表

2020年 iPhone Photography Awards の受賞者を発表

iPhone Photography Awards(IPPAWARDS)は、2020年のiPhone Photography Awardsの受賞者を発表しました

iPhone Photography Awardsは、iPhoneで初めて開催される最長の写真コンテストです

2007年に設立されたIPPAWARDSは、iPhoneが世界中のユーザーを刺激し、興奮させ、魅了し始めて以来、iPhoneカメラマンの創造性を称えてきました

それ以来、毎年、世界140カ国以上からiPhoneフォトグラファーが投稿した数千枚の画像の中からベストショットを選出してきました、IPPAWARDSは、世界140カ国以上から投稿された何千枚ものiPhoneフォトグラファーの写真の中から、最も優れた写真を選出し、審査員が数段階のプロセスを経て、「The Photographers of the Year」を授与しています

今年で13回目を迎え、世界中から何千人ものフォトグラファーからの応募がありました、受賞作品の中には、広大な風景から一本の木まで、街並みから人里離れた荒涼とした風景まで、苦難や苦難から太陽の下でのプライベートな瞬間まで、力強い世界観が反映されています

スポンサーリンク


グランプリ受賞者でフォトグラファー・オブ・ザ・イヤーは、iPhone Xで撮影した『Flying Boys』の画像を撮影した英国のストリートカメラマンDimpy Bhalotia氏で、壁からガンジス川に飛び立つ3人の少年たちの表情豊かな手足が、空を緊張感と高揚感で満たしています

IPPAWARDS 00002 z

1位、2位、3位のフォトグラファー・オブ・ザ・イヤーを受賞したのは、ベラルーシのArtyom Baryshau氏の「No Walls」で、青のストライプがさらに青空に染まる「No Walls」、中国のGeli Zhao氏の「Untitled」、イラクのSaif Hussain氏の「Sheikh Of Youth」は、老人を撮影した作品です

IPPAWARDS 00003 z

さらに18部門でトップ3に選ばれたのは、オーストラリア、バーレーン、ベラルーシ、カナダ、中国、コロンビア、フランス、香港、イタリア、イラク、イスラエル、日本、オランダ、ペルー、フィリピン、ポルトガル、シンガポール、スペイン、台湾、英国、米国など、世界各国の写真家です

(Via iPhone Photography Awards.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)