AppleのチップメーカーTSMCは、第2四半期に「A14」5nmチップの生産を開始

AppleのチップメーカーTSMCは、第2四半期に「A14」5nmチップの生産を開始

「A14」チップ

Digitimesは、第2四半期に今年のiPhone用A14チップの製造を開始すると報告しています

TSMCは、製造プロセスを5nm(A12およびA13で見られた7nm製造から5nmに縮小)に小型化するために懸命に取り組んでおり、4年目のiPhoneでのAppleプロセッサの注文を確保することを目指しています

小型化の以前の成功は、iPhone 7/7 PlusのA10フュージョンチップから始まり、iPhone 8 /8 PlusとiPhone XのA11 Bionicチップ、iPhone XR /XS/XS/XS MaxのA12 Bionic、およびI11シリーズのA13 Bionicを引き続き、Aシリーズチップのアップルに独占的に供給するサプライヤーでした

昨年、250億ドルの投資を発表しましたプロセッサの独占的サプライヤであり続けるために、新しい5nmノードテクノロジーを発表しました

Appleは2020年に5つの新しいiPhoneモデルを発売する予定で、2020年前半には4.7インチの液晶ディスプレイを搭載したいわゆるiPhone SE 2を含め、その後、5.4インチ、2台の6.1インチ、6.7インチモデルからなるハイエンドのオールOLED 5Gラインナップが今年下半期に発売される予定です

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)