2020年のiPhoneは5Gの採用と4つのモデルで売上の伸びを加速する可能性

2020年のiPhoneは5Gの採用と4つのモデルで売上の伸びを加速する可能性

再成長

J.P. MorganのアナリストのSamik Chatterjee氏によると、2020年のiPhoneの売上の見通しは4つのモデルのiPhoneの発売が予想されると共にスペックのアップグレードによって伸びを加速すると見ています

Chatterjee氏は、有機発光ダイオード(OLED)ディスプレイ、高速モデム、バーチャルリアリティ機能など、2020年には新たなセールスポイントがいくつかあると予測しています

キャリアが間に合うように技術を構築することができれば、今後の5Gネットワ​​ークは携帯電話のダウンロード速度を劇的に高める可能性を秘めています

Appleの現在のデバイスは前面に3Dセンシングカメラを持っており、JP Morganのアナリストたちは2020年には背面に同様のカメラが装備されると予測しています

スポンサーリンク


彼のチームの調査に基づいて、Chatterjeeは、Appleの株に対するJPモルガンの年末の目標価格を233ドルから239ドルに引き上げました

JP Morganは、Appleが2020年に1億9,500万台のiPhoneを販売すると予測しており、2019年の1億8000万台から増加すると予測しています

また、2019年9月において、Appleは3つの新しいiPhoneをリリースする予定ですが、5Gモデムや大きな再設計は含まれないと予測しています

(Via CNBC.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)