2019年iPhoneは、4,000mAhバッテリー、15Wワイヤレス充電、3X望遠カメラと120Hzディスプレイか?

2019年iPhoneは、4,000mAhバッテリー、15Wワイヤレス充電、3X望遠カメラと120Hzディスプレイか?

iPhone 2019の噂

今月初めに、Weibo のユーザー C Technologyは、iPhone XS Max の今後の後継機についてのいくつかの疑惑の詳細をリークしています

次のiPhone XS Maxは、2019年に信頼性の高い情報源ではトリプルレンズカメラを搭載するとの噂で、Weiboの投稿には、レンズに関する詳細が記載されています。

Appleは広角レンズ、超広角レンズ、3倍望遠レンズを使用するとされ、これはHuawei P20 Proのようなものに似ていると予測されます、それはまた2つの広角レンズと3倍光学ズーム付きの望遠レンズを有します

第2世代のiPhone XS Maxは4,000mAhのバッテリーを搭載していると言われていますが、これはデバイスのフォームファクタが変わっていないためにないのではないかと思われます

噂によると、Appleの2019年のiPhoneは2018年のラインナップとよく似た外観になるだろうと、ただし後部カメラの変更と、ノッチを小さくするためのTrueDepthカメラの正面向きの微調整があるかもしれません

スポンサーリンク

その他の機能

iPhone XS Maxに搭載されているその他の機能としては、現在の7.5Wのワイヤレス充電速度からの向上である15Wのワイヤレス急速充電、および90〜120Hzのリフレッシュレートを備えたディスプレイが挙げられます

AppleはiPad Pro用に120HzのProMotionディスプレイを使用しているため、より滑らかで、より鮮明で、より応答性に優れたエクスペリエンスを可能にしているので、技術的な問題はありません

C Technologyは、過去に初期の iPhone 情報を共有するために知られていますが、未だ他からの情報がないので、正確であるかは他からの情報も待つ必要があります

(Via MacRumors.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)