2019年のiPhoneのデザインは、2018年モデルとほとんど変化がないと予測される

2019年のiPhoneのデザインは、2018年モデルとほとんど変化がないと予測される

ほとんど変化がない

NomuraのアナリストAnne Lee氏によると、2019年にiPhoneのモデルの変化は期待しない方が良い

Appleは、2019年のiPhoneに大きな変化を加えるつもりがなく、2018年モデルからフォームファクターを引き継ぐと言っています

Lee氏は、最新の投資メモで、Appleは典型的な2年サイクルが起こらないと伝えています
「2019年の3つの新しいiPhoneは、2018年のiPhone XR、iPhone XS/XS Maxと同じボディサイズとディスプレイサイズを持ち、いくつかのAR拡張された機能が追加される」

Lee氏の推定では限定的な変更で、iPhoneの販売台数は2019年度には、2018年度の2億1,300万台から 2億400万台に減少し、2020年度には2億台にさらに減少するとしています

スポンサーリンク


Lee氏によると、AppleのiPhoneは
5GおよびAR(拡張現実)の初期ハードウェア仕様に備えて、2019年度がiPhone Xのデザインアーキテクチャを使用する最後の年となる考えています

その翌年の2020年には5Gを搭載しiPhoneの大規模なリフレッシュが予想されます

(Via BARRON’S.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)